世界一周のうたたび ちゃるのあしあと


うたう旅人「ちゃる」のブログ Singing is Drawing ~歌うことはつないでいくこと~
by charu
カテゴリ
タグ
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
ありがとうございます! ..
by ちゃる at 01:43
Feliz Año 20..
by charu725 at 22:03
Feliz Año Nu..
by かおり at 10:28
歌詞、かっこいいです!深..
by べべ at 10:19
ありがとう♪
by charu725 at 11:30
ブログパーツ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:Argentina( 6 )


2/24 PuertoIguazu Argentina

パラグアイのイグアス移住区から日帰りで
アルゼンチン側のイグアスの滝へ。

朝7時頃に宿を出発して、
まずはバスでシウダーデルエステへ。(10000グアラニー)
パラグアイの出国手続きをしてブラジル領土へ。
イミグレーションの先にあるバス停から
プエルトイグアス行きのバスに乗る。(15ペソ)
途中、バスを降りてアルゼンチンの入国手続きをする。
プエルトイグアスに到着。

ここでシウダーデルエステからリオデジャネイロ行きのバスを予約。
(セミカマ630ペソ、カマ660ペソ)
アルゼンチンペソで買えるので正規の半額くらい。

そして、イグアスの滝に突っ込むアクティビティの予約
(180ペソ、1日に催行するボートの数が決まっているらしいので)
をしてからイグアスの滝へのバスに乗る。(往復70ペソ)

滝の入り口に到着したのが12時半くらい。

動物もちらほら
サル
d0074518_13275596.jpg

ハナグマ
d0074518_13271797.jpg


lower Road
Salto Bossetti
d0074518_133232.jpg

d0074518_13324664.jpg

d0074518_13331227.jpg


滝に突っ込むアクティビティ。

どうやらここに突っ込むらしい?
d0074518_13342441.jpg

d0074518_13345770.jpg

実際は突っ込むというより、なでる感じ。
でも、びしょ濡れです。

防水のバックを貸してくれるので
手荷物は防げます。

3回くらい、アタックしてくれました。
水はちょっと臭いけど、大興奮!
これはやって良かった♪



そして、Garganta del Diablo 悪魔ののどぶえへ。
こんな感じの橋を歩くこと1100m
d0074518_13363299.jpg

d0074518_1343840.jpg


ところどころ緑色の滝が見えてきた。
これは圧巻。
d0074518_13375251.jpg

全く下が見えないほどの飛沫。
ド迫力。

ちょうど雲がかかって
虹が見えなかったのが残念!
d0074518_1341438.jpg

d0074518_13421658.jpg

d0074518_134239100.jpg


ブラジル側も見てきた旅人と出会ったのだけど
迫力はこちら側の方がすごいと言ってた。

良かった。
これで世界三大瀑布を3つ見れました♪



さて、この時点で16時20分くらい。


帰りのバスの関係で5時には入り口に戻る必要があった。
ダッシュでUpperRoadを回ることに。
ホントに走った。
d0074518_1344897.jpg

ここで虹♪
d0074518_13433746.jpg

d0074518_13445269.jpg


急いで入り口まで走って
16時55分のプエルトイグアス行きのバスに乗ることができた。

そして、最終の17時45分発でシウダーデルエステまでのバスをゲット。
これで何とか帰れるかなぁと思ってたら、
シウダーデルエステからのバスが待てども待てども来ない。。

仕方なくヒッチすることに。
そのとき日本人仲間は増えに増えて9人だったので
3台くらい必要かなと腹をくくっていたが、、

10分後くらいに一台のトラックが止まってくれた。
僕らはここから41km地点まで行きたいのだけど、、

30km地点までなら送ってあげるよとのこと。

30km地点はエンカルナシオンからの分岐点になるので
別のバスがあるかもしれない。

お願いすることに。


9人なんだけど。。。

と言うと、

大丈夫と。荷台を指差す。

結果的には
女子4人を助手席に、男子5人はトラックの荷台の中に。

中身は麻袋がいくつかあっただけ
アフリカみたいに動物がいなくて良かった。。笑



トラックの荷台から上を見上げれば
星空がめっちゃ綺麗。

本当にラッキーだなぁ♪



そして、GPSで場所を確認しながら揺られること30分ほど。
30km地点を過ぎても止まる気配がない。

もしや。。??

と思ってたら


41km時点でぴたりと止まった。

やったーー!!!

ちょー親切!


どうやら、33km地点くらいが彼の家だったらしいのだが
それを通り過ぎて、ここまで送ってくれました。

本当にありがたい。

パラグアイの人たちは日系人も含めて
親切な人ばかり。

またひとつ素敵な思い出ができました。
[PR]

by charu725 | 2014-02-26 13:23 | Argentina | Comments(1)

2/11-20 BuenosAires Argentina うたたび♪

ウシュアイアから飛行機で3時間ほどブエノスアイレスに到着。
バスだと三日かかるらしいけど値段はほとんど一緒なので、
飛行機使っちゃいました。
Argentinas航空はギターの追加料金もなしだった。(2165ペソ)


とりあえず日本大使館へ向かう。
パスポートの増補分まで終了してしまいそうなので
ここで新規のパスポートを作成することにした。

10年もので889ペソ。
闇レートがあるので、日本でやるのの半額くらい。
4.5×3.5の証明写真を1枚。1週間後の受け取り。

実際にはダメ元で5日目に訪問した時に頂けました。
さすがニッポン!!ホントにありがたい。



街の散策。

Basilica
d0074518_322557.jpg

d0074518_34052.jpg

オベリスク
d0074518_394346.jpg


動物園ZooLujan
7時に宿を出て、PlazaItaliaまで地下鉄。
そこから57番のバスに乗ってZoolujanまで2時間。(26.3ペソ)

ホワイトタイガー
d0074518_3104998.jpg

タイガー
d0074518_313379.jpg

d0074518_3112645.jpg

ライオン
d0074518_3123765.jpg

クマ
d0074518_315738.jpg

ベイビーライオン
d0074518_3174747.jpg

d0074518_3182098.jpg

アフリカでも触ることはできなかったので
なかなかテンションあがる。

でも、あとで聞いたところによると、人間と写真を撮らせるために、
麻酔というか睡眠作用のあるものを餌に混ぜているよう。。

どうりで、眠そうだったわけだ。
手放しでは喜べないね。

ほかにもいろんな動物がいっぱい。
d0074518_3203576.jpg

d0074518_3192655.jpg

d0074518_3213032.jpg

d0074518_3221576.jpg

d0074518_323016.jpg

d0074518_3234474.jpg


ブエノスに戻ってボカ地区
d0074518_3245324.jpg

d0074518_3255925.jpg
d0074518_3275165.jpg

タンゴの格好での写真サービス
d0074518_3265777.jpg

d0074518_3285421.jpg

ボカのサッカースタジアム
d0074518_330256.jpg


世界で2番目?に美しい本屋(劇場を改装)
d0074518_3311586.jpg

d0074518_3321478.jpg

d0074518_3324911.jpg

日曜日の骨董市
d0074518_3333788.jpg

d0074518_3341799.jpg

d0074518_3345177.jpg

d0074518_3353184.jpg

d0074518_3412752.jpg

d0074518_3422152.jpg

d0074518_3365374.jpg

d0074518_3362448.jpg


そしてそして、ブエノスと言えばタンゴ。
僕が大好きな楽器、バンドネオンが聴ける。
日本人のバンドネオン奏者に会いたいなぁと思いながら、
まずはガレリアパシフィコBorgesのBien De Tango Ⅱ
を鑑賞。(60ペソ+20ペソTAX)

1時間20分くらいのショー。
生演奏でバンドネオン、バイオリン、ピアノ、ウッドベース。
男女のヴォーカル。

歌も演奏もうまかった。
ダンスのことはそこまで良く分からんけど
足をクネクネさせるのがちょっと気になった。。

料金のわりには満足度高し。

その夜、宿から歩いて10秒くらいの所にある
タンゴバーみたいな所に人が集まっていた。

社交ダンス場といった趣きで
ショーのダンスとは違って
終始抱き合っているという感じ。
d0074518_3384336.jpg


そして、もっと良いショーを見てみたくなったので
Piazzolla Tango(250ペソ)を鑑賞。
d0074518_3393922.jpg

生演奏でバンドネオン×2、バイオリン×2、ピアノ、ウッドベース
男女のヴォーカル。

これは本当に圧巻。
演奏もしかりだが、ダンサー陣がマジで凄かった。
笑ってしまうくらい、凄い。

60ペソのショーとの違いなんて
素人の自分に分からないだろうと
タカをくくってたけど、もう全然違う。

所作のひとつひとつが美しく
流れるようで伸びやか。

男女二人の一体感が素晴らしく
アクロバットも最高。

これは絶対におススメです。



んでもって、滞在中には二度ほど
歌わせて頂きました。

なんとも言えない
良き出会いがいくつかありました。

またどこかで必ず会いましょう♪
[PR]

by charu725 | 2014-02-17 02:57 | Argentina | Comments(0)

2/4-10 PuntaArenas&Ushuaia Argentina うたうた♪

12時半にプレルトナタレスを出発して
16時頃にプンタアレナスへ到着。(5000ペソ)

すぐにでもウシュアイアに行きたかったのだが
満席だったので、2泊することに。

朝9時のバスで出発。
別の会社のウシュアイア行きのバスが
色々とトラブルがあったようで
なぜかこちらのバスまで影響を受ける
ウシュアイアまで12時間くらいという話だったのに
リオグランデに着いたのが21時くらい。
そこでバスを乗り換えて、ウシュアイアに着いたのは夜中の一時。
16時間くらいかかったのかな。

セントロで一泊してから上野山荘へ。

翌日からは散策。
d0074518_4251924.jpg


MuseoYamana
ヤマナ族のミュージアム
d0074518_4213736.jpg

今はもう絶滅してしまっているヤマナ族やセルクナム族についての博物館。
期待していた伝説のコスチューム写真はあまりなくて、、
d0074518_422197.jpg

d0074518_423030.jpg

この程度でした。

ウシュアイアは風が強いので
少し町を外れるとこんな風に曲がった気がたくさんあります。
d0074518_426752.jpg

d0074518_4263552.jpg



南極行きの料金を調べた結果
2月中は6000ドル近く
3月後半で4000ドルくらい。

気合で行くことも可能だが
色々と考えた結果、今回は見送ることにした。

行きたい場所は残しておかないとね。


アフリカ最南端のケープタウンもそうだったけど
南米最南端、上野山荘で出会った旅人たちは

南極目当ての人からそうでない人まで素敵な人が多かった。

最後は皆でアサード(バーベキュー)をしました。
羊のアバラ肉(コスティージャ デ コルデロ)
d0074518_4313670.jpg

そして、パタゴニアはトレッキング三昧&寒すぎて歌えなかったけど、
ここで歌わないでどこで歌うって感じがしたので
久しぶりに1時間弱歌わせて頂きました。
d0074518_4321132.jpg


またどこかで会えるのを
楽しみに♪

僕はまた南極リベンジしにきまーす!
[PR]

by charu725 | 2014-02-10 04:15 | Argentina | Comments(0)

1/25-29 ElCalafate Argentina

13時のバスでチャルテンを出発し
16時半頃にカラファテに到着。(200ペソ))

ハイシーズンのため
ペリトモレノ氷河へのツアーがいっぱい。
4日間待つことに。

なので日本人オーナーの
SushiBar Fuji

でアルバイトさせてもらった。
お皿洗いと海老の仕込みなど。

どんな仕事にせよ、褒められるって嬉しいことだ。
何より賄い飯のサーモン丼がすこぶるおいしかった。

本格派のお寿司が食べれるお店なので
食べに行くのもお勧めです。


そして、いよいよロスグラシアス国立公園の
ペリトモレノ氷河を観にいく。(BIG ICEツアー1200ペソ)


7時に宿を出発。
朝は雨降ってたけど、
国立公園に着いたときには晴れ間が広がる。
よかった。

まずは対岸から観賞。
d0074518_12241897.jpg

d0074518_12255866.jpg

雷鳴が鳴り響く
氷河の崩れる音
d0074518_12271199.jpg

実際に崩れる瞬間は見れなかった。

氷河の高さは水面から上が40~70m。
水面から底まで100m近く。
d0074518_12294875.jpg

長さは350m近くあり
1日2mずつ動いているらしい。


そして、フェリーに乗って対岸へ向かう。
d0074518_12324493.jpg


フェリーからの眺めも
一味違っていい感じ
d0074518_1234555.jpg

対岸に行き氷河トレッキングのポイントまで歩く
d0074518_1238538.jpg


アイゼンを装着。
d0074518_1244541.jpg

奥に行けば行くほど
氷河が白く綺麗になっていく。
d0074518_12455542.jpg

歩いているだけで本当に楽しい。
d0074518_12543086.jpg

クレバスは吸い込まれそうになる。
d0074518_12551518.jpg
d0074518_12564364.jpg

昼食休憩
d0074518_12583548.jpg

さらに奥へ
d0074518_12574320.jpg

d0074518_12593296.jpg

一番大きくて透明度が高かった湖
d0074518_1313548.jpg

帰り道
d0074518_1325275.jpg

d0074518_133266.jpg
d0074518_1342970.jpg

d0074518_134074.jpg

d0074518_1345815.jpg

日差しが強くなると、透明度が変わってくる
d0074518_1353970.jpg

最後にウィスキーで乾杯!
d0074518_1362538.jpg

素直に楽しかったなぁ
大満足♪

自然の美しさには神が宿ってると思う
[PR]

by charu725 | 2014-01-29 12:17 | Argentina | Comments(1)

1/24 ElChalten Argentina

21時発でロスアンティゴスを出発して
翌朝6時過ぎにエルチャルテンに到着。(550ペソ)

宿はハイシーズンのため満室がほとんど。
ほとんど寝れなかったけど、このままフィッツロイへトレッキングして、
途中のキャンプ場で寝ることにした。

荷物だけ宿に置かせてもらう。(20ペソ)

12時頃に出発。
d0074518_340648.jpg

キツツキに遭遇
d0074518_341584.jpg

d0074518_3413762.jpg

途中からはフィッツロイを拝みながら
d0074518_3433125.jpg

d0074518_344394.jpg

d0074518_344873.jpg

d0074518_3452542.jpg


15時過ぎにポインセノットというポイントに到着。
ここでテントを張る。


少し付近を散策してから
ロストレス湖へ向かう。

登るのは1時間くらい。
下りは40分くらい。

峠越えだけれども、そこまで風も強くなくて
寒さを感じなかったので登りやすかった。
d0074518_3463047.jpg
d0074518_347986.jpg

隣の氷河もカッコ良かった。
d0074518_3474180.jpg

時折、氷河の崩れる音が雷鳴のように鳴り響く。


ポインセノットに戻って20時くらいに就寝。
04時に起床。

4時半頃にポインセノットを出発して
朝焼けのフィッツロイを観にいく。

5時半にはロストレス湖に到着。

後方の空が赤くなってくる。
d0074518_3494714.jpg

d0074518_3503228.jpg

d0074518_3552240.jpg


そろそろかなぁ、と思いながら待ってたのだが
一向に太陽が出てこない。
d0074518_3514759.jpg

そうこうしてるうちに空が明るくなってきてしまった。

フィッツロイが赤く染まる光景が見れるはずが
日の出が雲に隠れちゃったので、見れなかった。

フィッツロイ自体は雲にもかからず
とってもきれいだったけど。。。
d0074518_3555314.jpg

d0074518_3562044.jpg

ポインセノットに戻り、テントを畳んで
昨日とは違う道で帰る。

雲の影に隠れるフィッツロイ
d0074518_3573573.jpg

d0074518_358338.jpg

この道はセロトーレという別の山を拝めるはずだったのだが
あいにく雲で隠れていた。
d0074518_3565364.jpg

どうやら今年は天候がイマイチらしく
昨日は3週間ぶりにフィッツロイが綺麗に見えたらしい。

今日もフィッツロイ見れただけでも
運が良かったのかもしれない

赤に燃えるフィッツロイ
いつかリベンジしたいなぁ
[PR]

by charu725 | 2014-01-27 04:01 | Argentina | Comments(1)

1/22-23 LosAntiguos Argentina

20時過ぎにチレチコに到着。
次の朝にはアルゼンチンのロスアンティゴスまでのバスが
あるようだったけど、そのままタクシーで国境抜けることにした。
チリ側国境まで7000チリペソ、
アルゼンチン側国境からロスアンティゴスまで65アルゼンチンペソ。

ロスアンティゴスからは21時にエルチャルテンまでの
夜行バスがあったけど、ギリギリ間に合わず。。

一泊して夜行バスに乗る。

アルゼンチンは基本、肉って感じなので
食事に困りそうです。

魚が食いたい。。

さて、いよいよ次ぎはフィッツロイです♪
[PR]

by charu725 | 2014-01-24 05:56 | Argentina | Comments(0)