世界一周のうたたび ちゃるのあしあと


うたう旅人「ちゃる」のブログ Singing is Drawing ~歌うことはつないでいくこと~
by charu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
ありがとうございます! ..
by ちゃる at 01:43
Feliz Año 20..
by charu725 at 22:03
Feliz Año Nu..
by かおり at 10:28
歌詞、かっこいいです!深..
by べべ at 10:19
ありがとう♪
by charu725 at 11:30
ブログパーツ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:Brazil( 4 )


3/16-17 BoaVista Brazil

ここからは変則的な移動。
リオから、サンパウロ、マナウス経由でボアビスタ着
という飛行機が安かったので、コパカバーナの代理店で購入していた。(501レアル)


のでいったんリオにバスで向かう。(80レアル)
長距離バスターミナルから空港までは乗り合いタクシーで30分ほど(12レアル)
ガレオン空港で空港泊。
2階は一応イスがあったので硬かったけど気合で寝た。

朝の7時40分に出発。
2回乗り換えで、ボアビスタに着いたのは20時過ぎ。。

セントロまでは3.1kmと歩けない距離ではなかったが
真っ暗なのと、疲労困憊なのでタクシーを使うことに。
30レアルと言われたけど、空港外まで歩いたら
ドライバーが追いかけてきて20レアルでオッケイとのこと。

とりあえず、安宿まで。
即効就寝。

翌日は、町は何もないのでレアルからユーロを作ったり(キューバのため)
ネットカフェを探したり。(結局、パソコン持ち込めるネットカフェは見つからず)

セントロの広場
人も少ない
d0074518_0413855.jpg

車社会なので歩きだとかなり疲れる。
d0074518_0424275.jpg


食事は奇跡的についてた宿のぼろキッチンで作ろうと思ったら
ガスがなくなって、新しいのを買ってくるまで2時間待機。。

今までブラジルでは言葉はあんまり困らなかったのだけど 
それは、サンパウロやリオという都会で
現地人たちがポルトガル語ではなく英語を話してくれてたからだと気がついた。

ここでは人々が話していることがほとんど理解できない。
でも、親切に説明しようとしてくれるから本当にありがたい。

さて、かなり好きだったブラジルを離れて
明日はいよいよベネズエラに入ります。
[PR]

by charu725 | 2014-03-29 00:46 | Brazil | Comments(0)

3/13-14 SaoPaulo Brazil

ミランドポリスを20時40分に出発して
サンパウロには6時頃到着。

地下鉄を乗り継いで宿へ。

東京の電車並みに混んでいる。
日系人も多いので不思議な感じ。

午後にはLiberdadeと呼ばれる東洋人街に行ってみる。

鳥居もあって、日本語の看板やらが至る所に目に入る。
d0074518_3305059.jpg

d0074518_3291113.jpg

信号も鳥居
d0074518_330855.jpg

銀行までこんな感じ♪
d0074518_3414368.jpg


1908年に791人で始まった日本人移民が
現在では130万人を越えているというから
すれ違う人の中に日系人を見つけるのはたやすい。

今となってはほかのアジア人も多く入っているので
日系と思って入店しても、実は中国人なんてことも良くある。


まずびっくりしたのは日本食材屋さんの「丸海」。
品揃えの豊富さが半端ない。
d0074518_3352471.jpg


ブエノスでも感動したのに、
それを大幅に上回った。

思わず、ふりかけ買っちゃった。

続いて、プロポリスのお店発見。
最近は、クスリを飲まないで
プロポリスを飲む方針になっている。

ブラジルはプロポリスで有名なのだ

コロンビアで買ったものがなくなりそうだったので
ここで補充することにした。
日本語だし安心♪
d0074518_3395659.jpg


すき家もあったので、思わず入店。
「いらっしゃいませー」とブラジル人が寄ってくる。

牛の肉はあまり食べたくなかったけど
牛丼屋に来て、鶏肉を選ぶのもどうかと思って牛丼にした。(7.5レアル)

日本とほとんど変わらぬクオリティに感動♪
お米もおいしかった。
d0074518_340481.jpg




そして、ここでは会社時代にお世話になった先輩と再会。
サンパウロの日本人コミュニティでの送別会に同席させて頂くことに。

違う会社の人たちが異国の地で手を取り合うようにつながっている。
とても良い関係。

今日、喉がちゃんと治っていたら、、と切実に思った。
良き出会いがたくさんあった。
お世話になった先輩にも歌えなかったことが本当に悔しい。

自分の違った面や成長した姿を見てもらいたかった。


これは日本に帰ってからの宿題ですね。
あと数ヶ月、悔いのないように走ります。

またお会いできる日を楽しみに♪
[PR]

by charu725 | 2014-03-17 03:44 | Brazil | Comments(0)

3/6-12 ComunidadeYuba Brazil

リオを後にして、サンパウロ経由で弓場農場へ。

リオを12時に出発してサンパウロに18時頃到着。(80レアル)
そこから、地下鉄でBarraFunda駅のバスターミナルへ。
21時45分発のバスでミランドポリスへ。(129レアル)
明け方の6時頃に到着。
そこからさらにバスに乗って30分ほどでComunidadeYubaへ到着。(3レアル)

以前より旅人から聞いていて
絶対に訪れたかった場所。

弓場農場についての詳細は
http://brasil-ya.com/yuba/news/news.html


自然と共にある生活
d0074518_194069.jpg

d0074518_192234.jpg

d0074518_11029.jpg


旅人は農作業をお手伝いすることで
宿泊費、食費などは無料で滞在できる。

実際にお手伝いさせて頂いたのは
オクラの摘み取り、パック詰め
マカデミアンナッツの殻むき、雑草刈り
赤米の雑草刈り
トウガラシのヘタ切りなど



毎日、クワを持って雑草と向かい合う
深く根を張った雑草ほど生への執着が強い。

汗水たらして、働くことこそ仕事なんじゃないかと、ふと思う。
クワを持たない日は、仕事をした気がしなかった。
元来、カラダを動かすことが好きなんだな。



ほぼ一日置きに収穫されるオクラ。
成長の早さに驚いた。
そして気候によって成長スピードが全く変わってしまう。

自然と共に生きる
自然を感じて生きる



色々と教えて頂いた中でも
オクラの摘み取り時に別の旅人に向けた一言がとても印象的だった

「もっと優しくね」

大きさや硬さなど、
摘み取って良いオクラとそうでないものを選別しながらの作業。

毎日、大きくなるので、見落としてしまうと
次の収穫時には大きすぎたり、硬すぎたり。
でも、膨大な量なのでスピードもある程度必要。

そんな中での本質的な一言。


ただの食糧、売り物とみていたら、絶対出てこない言葉。
いのちに対する感謝の気持ちが根底に感じられて
とても心に響いた。



日曜日は唯一のお休み

ひたすらボケッとすごす。

一番のお気に入りは図書館。
ピアノもあって、バイオリンの練習などもここでしてる。

音楽がこぼれてる

何もない静寂も好き

じっと瞑想をする。


喉の調子はまだ戻らないけど
夜には食堂で歌わせて頂いた。

1、鈴
2、冒険者たち
3、One pure smile
4、Nomad
5、フランジパニ
6、Two Choices
7、旅立ちの唄
8、ジェットコースター
9、Drawing


どうなるかなと思ったけど、
聴いて頂いた皆さんのおかげで
とても楽しいひと時になった。

終わった後も、たくさん声をかけて頂いて
握手もして頂いて嬉しかったです。


最終日には、食堂でのライブを聴けなかった方のために
バレエの練習場で少し歌わせて頂いた。

ここの音響感もたまらなく好きだ。



音楽、バレエ、陶芸など。

何より芸術に秀でた方が多いのが
弓場の最も惹かれるところ。

そして、その活動を支える理念と施設がある。


一週間という短い間では語ることのできないほど
積み重ねられてきたものの大きさを感じる。


「耕し、祈り、芸術する」

このシンプルな生き方は
まさしく自分が理想と考えていたものかもしれない。


是非、また訪れたい場所です。

学ばせて頂きたいことが
弓場には溢れている
[PR]

by charu725 | 2014-03-15 01:13 | Brazil | Comments(0)

2/27-3/5 RioDeJaneiro Brazil

シウダーデルエステを14時20分発のはずが1時間遅れて出発。
翌日の12時半頃にリオに到着。

2/27はまだ前夜祭という感じで
夜にはLapaという地区で不思議なパレードしてました。
ただ、酔っ払いながら歩いてるって感じだが、、
d0074518_2311343.jpg



翌日は、Corcovadoのキリスト像を観にいく。
地下鉄のCinelandiaで降りて、Vanでのツアーに申し込み。51レアル
これが非常に楽で便利でした。

頂上では、ブラスバンドの演奏あり。
d0074518_2343331.jpg

みんな真似して写真とってる。。笑
d0074518_23155358.jpg

近くで見るとマジでデカイ。
期待してなかっただけに良かった。
d0074518_2332569.jpg



そして、Copacabanaでカーニバルのチケットをゲット。
3/2の11番で。350レアル
d0074518_2352767.jpg


Copacabanaのビーチはきれいなんだけど
波が激しく強いので
海水浴というよりは波に叩かれに行く感じ。


2/28はセクター1にてカーニバルを鑑賞。
入場券はダフ屋でひとり11レアル。

カメラはもって来なかった。

パレードはここから始まるので
パフォームはエンジン全開ではない、
という噂を聞いていたので全然期待してなかったのだけど
これがなかなか楽しかった。

セクター1は現地人がたくさんいて、みんな踊りが激しくうまい。
サンバの踊り方とか教えてくれる。
d0074518_23171415.jpg

なによりカーニバルのパレードとの距離が近いので
出演者ひとりひとりにフォーカスできるのが良い。

一番前から声を張り上げれば
それに出演者が応えてくれる。

3/1もセクター1にてカーニバルを鑑賞。
入場券はダフ屋でひとり20レアル。

この日はカメラも持ってきて楽しんだ。
d0074518_2326128.jpg

d0074518_2320281.jpg

d0074518_23191527.jpg

d0074518_23243116.jpg

d0074518_2325036.jpg

d0074518_23402331.jpg

d0074518_23252858.jpg

d0074518_23265776.jpg



ただし、明け方の3時頃に会場を後にしたところ
セントロのバス停付近で、強盗団に襲われる。

こちらは男性6人、女性2人。
相手は10人以上で10代後半くらいの若者たち。

前方から、走ってきて
僕らのポケットやらを軽く触りながら通り過ぎる。
こちらは、咄嗟の判断で走って逃げる。
バラバラになったその時を狙っていたのか
後方から再度襲ってきた。
今回は本気。

旅仲間の女性二人が転ばされて怪我。
タバコを下げていた袋などを盗まれた。

で、僕らが二人を助けているうちに
一番後ろにいた旅仲間の男性一人が囲まれて顔など数発殴られた。
持っていたカバン(高価な一眼レフ入り)はなんとか死守。

本当にあっという間の出来事で
すぐに警察のもとへ走ったが
相手の顔すら覚えてない。

警察はそこそこ立っているんだけど
その合間を縫っての犯行で、全く役に立たない。


これだけの被害で済んで良かったと
思った方が良いかも。

宿に帰ってみると、別の日本人グループや韓国人グループも
同じ場所でやられているらしかった。

カーニバル会場からすぐのセントロバス停付近は要注意。



3/2は事前にチケットを購入していたので
セクター11でカーニバルを鑑賞。

地下鉄のセントロ駅では降りずに
PlazaOnzeという駅で降りた。

少し遠回りだけど
まだこちらの方が危険度は低いと感じた。

20時半に会場に到着。
中段くらいまで席は埋まっていた。

パレードまでの距離を感じる。
ただ、ジャッジ席が近いので
気合の入ったパフォームを見ることができる。
d0074518_23274410.jpg

山車のレベルがドンドンあがっていく
というか金がかかってるのが分かる。
d0074518_23313179.jpg

d0074518_23315712.jpg

d0074518_23323351.jpg

d0074518_2333914.jpg

d0074518_23343432.jpg

この人、この大砲の中から飛びました。。笑
d0074518_23334630.jpg

優勝賞金は数億円らしく
また準備にも数億かかるらしい。

本当に規模がすごい。


そして、パフォーマーもミュージカルのような
演技で観客を沸かせる。
d0074518_23374042.jpg

d0074518_23412320.jpg

d0074518_23414916.jpg

d0074518_23421360.jpg

d0074518_23424131.jpg

d0074518_23364218.jpg

d0074518_23354444.jpg

d0074518_23432060.jpg

d0074518_2344951.jpg
d0074518_23434619.jpg

d0074518_23444431.jpg

d0074518_234546100.jpg

d0074518_23462372.jpg

d0074518_23465945.jpg

d0074518_23473193.jpg

d0074518_23475769.jpg

d0074518_23483235.jpg

d0074518_23498100.jpg

d0074518_23534912.jpg

d0074518_23544961.jpg

d0074518_23551515.jpg

d0074518_23553841.jpg

d0074518_23562089.jpg

d0074518_23564342.jpg

d0074518_2357983.jpg

d0074518_23573255.jpg

d0074518_23575952.jpg

d0074518_2358271.jpg

d0074518_23585495.jpg

d0074518_23593744.jpg

d0074518_23493818.jpg

d0074518_2350083.jpg

d0074518_23595991.jpg

d0074518_002237.jpg

d0074518_004833.jpg

d0074518_013246.jpg


観客たち
それぞれファンのチームがいて応援してる
d0074518_2350324.jpg

d0074518_23512023.jpg

d0074518_23514645.jpg



3/3はセクター1にてカーニバルを鑑賞。
入場券はダフ屋でひとり60レアル。
この日の写真は全部、旅仲間から拝借したもの


個人的には、
パフォームがエンジン全開じゃなくても
近い方が好きかな。

この日は日本代表の監督もつとめた
サッカーの神様ジーコが出演するらしい。

ジーコの一生をテーマにした
パレードだったので踊りよりサッカーの
リフティングなどのパフォームが多かった。
d0074518_015552.jpg

d0074518_031054.jpg

d0074518_05338.jpg

d0074518_053575.jpg

d0074518_055718.jpg


途中、日本の国旗を大々的に掲げた山車が登場!
嬉しいね~
d0074518_064965.jpg
d0074518_062298.jpg


そして、実際にジーコが登場したときは
めっちゃテンションあがった。
地元の観客達も当然ボルテージが一気にアップ。
さすが、神様。
d0074518_072857.jpg

d0074518_082311.jpg

d0074518_085275.jpg

この日も最後まで見て帰路へ。

4日間毎日、カーニバルに通って
疲労困憊、喉もやっちゃったけど、本当に来て良かった。


振り返ってみると
エンカルナシオンのカーニバルは
個が目立つ。

踊り子が主役であり、踊り子が美しく見えるように演出されている
細くて綺麗な若い踊り子がほとんど。
仮装も飾り程度で、あくまで人間の体で表現しようとしている。

リオのカーニバルは
数千人規模で訴えてくる。

大規模な仕掛けのある山車と仮装がメインで
踊り子もその全体の一部。

参加者は老若男女問わず幅広い年齢層。
一大エンターテインメントで皆で楽しんでいるという感じ。


1年弱かけて準備されたものが日の目を見る時。
この場に立ち会えてよかったと思う。

怖い目にもあったけど、その印象を越えるほど
ブラジル人は親切な人が多かったのが何より伝えたいこと。
[PR]

by charu725 | 2014-03-15 00:14 | Brazil | Comments(2)