世界一周のうたたび ちゃるのあしあと


うたう旅人「ちゃる」のブログ Singing is Drawing ~歌うことはつないでいくこと~
by charu
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
最新の記事
8/17ライブ@沖縄そば岡てつ
at 2017-08-18 03:02
敵は外にあらず、自身の心の内..
at 2017-08-15 17:43
終戦の日
at 2017-08-15 16:09
やみひかり
at 2017-08-15 16:07
6年ぶりの南三陸町
at 2017-08-11 00:49
記事ランキング
最新のコメント
ありがとうございます! ..
by ちゃる at 01:43
Feliz Año 20..
by charu725 at 22:03
Feliz Año Nu..
by かおり at 10:28
歌詞、かっこいいです!深..
by べべ at 10:19
ありがとう♪
by charu725 at 11:30
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:BosniaHerzegovina( 2 )


5/4 Sarajevo Bosnia-Herzegovina うたうた♪

d0074518_3541845.jpg

モスタルからバスにて2時間半ほどで、サラエヴォへ到着。

ボスニア、サラエヴォと聞けば紛争のイメージが強すぎるが、
現実の綺麗に復興された町を見るとそのイメージとのギャップに驚いてしまう。
d0074518_346192.jpg

トラムの走る美しい街
d0074518_3452716.jpg

d0074518_3483691.jpg

カテドラル Cathedral of Jesus'SacredHeart 1889
d0074518_3471277.jpg

モスク
d0074518_3494887.jpg

Sebilj 16th century
d0074518_3503952.jpg

スナイパー通り
ボスニア紛争時に狙撃手の標的にされた通り
今は至って普通の通りに修復されています
d0074518_3512780.jpg

ラテン橋 16th century
第一次世界大戦の引き金となったと言われるサラエヴォ事件が起きた場所
d0074518_3522454.jpg

電話会社の前にあったオシャレな橋
d0074518_3541845.jpg


夜は出会った旅人のために公園で歌わせて頂きました。
喜んでもらえるのは何より嬉しいことです。
明日は、セルビアに向かいます。
[PR]

by charu725 | 2013-05-04 23:40 | BosniaHerzegovina | Comments(0)

5/1-3 Mostar Bosnia-Herzegovina うたうた♪

ブドヴァを1時間遅れて出発したバスは
ドブロヴニクを経由して7時間ほどでモスタルへ。
入国スタンプを押してくれなかったが、どうやら問題ないらしい。。?



翌日はまずバスで20分くらいのBlagajへ出発。
乗った市バスは日本から提供されたものでした。
d0074518_6185496.jpg

旧ユーゴ圏の人々は紛争後に援助をしてくれた日本に対して
かなり好印象を持ってくれているようです。
こうやって日本から贈られたものって分かるようにしてくれてるのが有難い。

Blagaij
d0074518_6205334.jpg

ムスリム修道僧の家 15,6世紀に建てられたもの
d0074518_622138.jpg

近くの山の上には城壁が
d0074518_6224040.jpg

頂上はお花畑 天空の城みたい
d0074518_623912.jpg

眺めも素晴らしい
d0074518_6234311.jpg


モスタルに戻ってから町を散策。
この町も非常にきれいです。

Old Bridge 1566
d0074518_6245992.jpg

紛争中に破壊されてしまった橋が今は復元されていました。

ライトアップもキレイ
d0074518_6255875.jpg


宿のオーナーが紹介してくれた
ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争時の動画
http://www.youtube.com/watch?v=sFF1v0n6VUg




このキレイな町の所々に紛争の爪痕が残っています。
d0074518_6265294.jpg

d0074518_6272556.jpg

人が住んでいる建物も
d0074518_6275377.jpg

向かいの2つの建物が象徴的
d0074518_6283361.jpg

d0074518_629722.jpg

d0074518_6294337.jpg

人間の力を破壊に使うか
創造に使うかで、こんなにも差が出てきてしまう。

これを見て、なぜか日本のことを思わずにはいられませんでした。

日本には再生可能エネルギーの技術があるのに
原子力を手放すことが出来ない。

なぜなのか?
この原因、仕組みをしっかりと突き詰めなくてはいけないと思います。

原子力は破壊の道です。

3.11の警告を無視して進めば
どちらの写真のようになるかは明らか。

断固として反対しなければいけないと思います。






最終日は路上で歌ってきました。
喉は80%くらい回復したので1時間程度。
ここでもツーリストの方たちとお店で働いてる現地の方が
お金を入れてくれました。

今日の家計簿は黒字です。


途中、物乞いの子供3人とお母さんが向かいに座りました。
お母さんは道行く人に手を差し出している。
子供たちは歌っている僕の方に集まってきて
ギターをいじったり遊んでいたのだけれど、
少ししてお母さんが子供を呼びつけた。

何やら注意したのかと思いきや、
なんと女の子が小銭を持ってきて入れてくれました。

僕は歌ってる途中だったので、とりあえず御礼だけして、
お金を返すべきか、何か食べ物にして返そうか、
などと考えてるうちに、彼女らは他の現地人に
「邪魔するな、あっちいけ」的な感じで追い払われ
どこかへ行ってしまいました。。


なんともいえない気持ち。


学生時代に調布の路上で歌っていたときに
ホームレスから、みかんをひとつもらったのを思い出した。


あの時と同様


自分にとって大切なもの・必要なものを
僕に分けてくれたのです。


歌を途中で止めてでも
彼女らを追いかけるべきだった。。


貧しい中での心の豊かさ

こういう真のやさしさに触れると
自分の至らなさを痛感します。


出会えて良かった。
またひとつ心に残る思い出ができました。
ありがとう。
[PR]

by charu725 | 2013-05-03 06:15 | BosniaHerzegovina | Comments(1)