世界一周のうたたび ちゃるのあしあと


うたう旅人「ちゃる」のブログ Singing is Drawing ~歌うことはつないでいくこと~
by charu
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
最新の記事
8/17ライブ@沖縄そば岡てつ
at 2017-08-18 03:02
敵は外にあらず、自身の心の内..
at 2017-08-15 17:43
終戦の日
at 2017-08-15 16:09
やみひかり
at 2017-08-15 16:07
6年ぶりの南三陸町
at 2017-08-11 00:49
記事ランキング
最新のコメント
ありがとうございます! ..
by ちゃる at 01:43
Feliz Año 20..
by charu725 at 22:03
Feliz Año Nu..
by かおり at 10:28
歌詞、かっこいいです!深..
by べべ at 10:19
ありがとう♪
by charu725 at 11:30
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:Denmark( 1 )


8/8-9 Copenhagen Denmark

d0074518_1944975.jpg

さて、Preikestolenから元きた道を戻る。
9時15分発のバスでTauまで行き、
9時40分頃出発のフェリーに乗る。
そして10時20分頃にはStavangerに到着。
このバスとフェリーは基本的に連動してるので
双方の到着を待って出発という感じのようだ。

これから長旅なので食糧を買い込んで
11時半のバスで一路オスロへ。
この間の景色も緑が深くてとても綺麗。

疲れが溜まっているせいか、意識も空ろ。。
9時間近くかかって首都のオスロへ到着。

荷物を預けて町を見たかったが
自動の荷物預けしか見当たらず、、
これだとギターが大きすぎて入らないので断念。

そして、23時発のバスでコペンハーゲンへ。
運よく隣に人が座らなかったので
カラダを小さくまとめて横になる。

記憶はほとんどなく爆睡。。
7時半頃にコペンハーゲン到着。

この日の宿はなぜか満室が多くて
最低でも60デンマーククロネ。(1万円くらい)

当日も検索してみたけど同じ状況だったので、
宿泊は諦めて、本日のベルリン行きの夜行バスを予約。
荷物を預けて街の散策へ。


Town Hall
d0074518_1922145.jpg

Sct.Petri Church
d0074518_19223836.jpg

Copenhagen Cathedral
カテドラルとは思えないほどシンプル
d0074518_1923686.jpg

d0074518_19233874.jpg

d0074518_19242019.jpg

デンマークは自転車社会です。
自転車用レーンまで存在する。
d0074518_19244730.jpg


RosenborgCastle
d0074518_1937361.jpg

南側の庭は軍隊が訓練に使っていて入ることができない。
リアルに腕立て伏せとかしてました。

NationalGalleryOfDenmark
ある一画をのぞいて無料で見れる美術館

宗教画が少ないのが新鮮でした。

芸術がひとたび宗教から離れると、
何を描くかという「テーマ」がとても重要になってくる。
そして、その「テーマ」の発見こそが難しいんだな
と改めて実感。

そんな中で一番好きだった作品はこれ、、
Kirsten Justesen
Lunch
d0074518_19255453.jpg

思わず笑った。。

「Dinner」じゃなくて「Lunch」って所がとても良い♪


美術館を出てさらに北へ。
がっかりスポットとして名高い「LittleMermaid」
d0074518_19375166.jpg

d0074518_1938208.jpg

いや、うん。
納得。。笑


もしかしたら、創りたての頃はもっと美しかったのかもだけど。。
100年が経過したせいで、削ぎ落とされてしまったのか。。

はたまた度重なる芸術テロのおかげで
原型を留めていないのか。。
d0074518_1938478.jpg


周りで写真撮ってる人たちの方が美女でした。。笑


St.Alban's Anglican Church
d0074518_19391986.jpg

係りのおばちゃんがめっちゃ親切に
日本語の説明書きを渡してくれた。
d0074518_19395087.jpg


MarbleChurch
d0074518_1940462.jpg

青が印象的
d0074518_1942748.jpg

d0074518_19423186.jpg

疲れが慢性的だったのか、ここの椅子でコクリコクリ居眠り。。苦笑

Nyhavn
最も人が集まっていた賑やかな場所
d0074518_1943715.jpg

d0074518_19433770.jpg

d0074518_1944975.jpg

d0074518_19443255.jpg


コペンハーゲンは白人だけでなく黒人もアラブ系もアジア系も
本当に多くみかける。

この立地なのにとても不思議に思えた。

男女同権や、同性愛者が自由に愛を表現できるような下地が
多くの人種を呼び込んでいるのかもしれない。


そして、この付近では空き缶やペットボトルを拾う人も良くみかける。
これはある場所にもっていくとお金に換金してもらえる仕組みがあるから。

黒人が多かったけれども、白人でもやってる人がいた。


ストロイエ通り
ここは路上パフォーマンスのメッカという感じ
夕方になってくるとパフォーマーが集まってくる。
d0074518_1945581.jpg

ビンに異なる深さの水をいれて音階をつくり、叩く
d0074518_19453814.jpg

アパレルショップにもDJが入ったりしてる。
d0074518_19465177.jpg

中でも、この人がすごかった。
d0074518_19472934.jpg

ペンキのような塗料を塗ってそれを紙で拭きながら、描いていく手法
マスクをしながらの作業。


夜はTivoli公園という遊園地が大行列に。。
d0074518_19483376.jpg


コペンハーゲンはとても開放的な雰囲気のある街でした。
物価がノルウェー並みに高かったのだけが難点。


もう少しゆっくりしたかったな


今日の夜行バスでベルリンへ向かいます。
[PR]

by charu725 | 2013-08-09 23:18 | Denmark | Comments(0)