「ほっ」と。キャンペーン

世界一周のうたたび ちゃるのあしあと


うたう旅人「ちゃる」のブログ Singing is Drawing ~歌うことはつないでいくこと~
by charu725
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
タグ
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
ありがとうございます! ..
by ちゃる at 01:43
Feliz Año 20..
by charu725 at 22:03
Feliz Año Nu..
by かおり at 10:28
歌詞、かっこいいです!深..
by べべ at 10:19
ありがとう♪
by charu725 at 11:30
ブログパーツ
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:CostaRica( 3 )


10/29 SanJose&Cartago CostaRica

オスティオナルを7時半に出発して
サンタクルスには10時着。(1500コロン)

すぐにバスを乗り換えて
5時間弱かかってサンホセに到着です。(5500コロン)

d0074518_12432026.jpg

d0074518_12434149.jpg

さっそく、パナマシティまでのバスを予約しにいく。
TICAバスは12時発と23時発なのだが、
どうやら明日の23時発は満席のようで
12時発の便を仕方なくゲット。(42ドル)


2日目は朝6時に宿を出てカルタゴへ向かう。
バスは頻発していて45分くらいで到着。(500コロン)


目的はコスタリカの守護聖母である黒いマリア像を見るため。

黒いマリア像の伝説とは。。
カルタゴの黒人街で少女が薪を拾っているときに黒いマリア像が姿を現した。
少女は家に持って帰ったが、いつの間にか消えてなくなった。
不思議に思って探しに行くと拾った場所と同じ場所に黒いマリア像はあった。
再度、家に持って返るも。。また消えて。。

これを何度か繰り返した後、少女は牧師さんに頼んで
鍵のかかる場所に保管したが、また元の場所に戻ってしまった。

最終的には、このマリア像発見の場所に教会を建て、
像を安置することになったようだ。


遠くからでもすぐ分かる
ロス・アンヘレス大聖堂 1926年に再建。ビサンチン様式。
d0074518_12282758.jpg

d0074518_12291791.jpg

外見は白だけど中はグレーが基調となっている
d0074518_12342468.jpg

d0074518_12365467.jpg



地下の礼拝堂にある黒いマリア像
d0074518_12374089.jpg

ガイドブックで見た写真と違うっぽく感じたので
教会の係員二人に確認したけれど
これが伝説の黒いマリア像であるとのこと。


案外、簡単に盗めてしまうけど??って状態でした。

でも、盗もうとする人なんていないのだろう。

この教会に入ると、入り口から膝を突いて、
祭壇までお祈りをしながら歩いていく人を多く見かける。
d0074518_12332574.jpg


現地の人々はこの黒いマリア像を
深く信仰しているのだろうと思う。




それにしてもなぜ、黒いのかな。
実際はキリストもマリアも白人じゃないってことを伝えたかったのかな??


僕には分かるはずもありません。。



さて今日はこの足でサンホセに戻って
パナマシティへ向かいます。
[PR]

by charu725 | 2013-10-29 23:31 | CostaRica | Comments(0)

10/21-28 Ostional CostaRica アリバダ うたうた♪

SantaCruzを12時半発のバスに乗る。

途中から未舗装道路になるけど
そこまで悪路ではなかった。
2時間半ほどでOstionalへ到着です。(1500コロン)

のんびり静かな村だなぁ
d0074518_12402669.jpg
d0074518_12405390.jpg

d0074518_12415434.jpg

d0074518_12412853.jpg



海岸に出てみるとまず飛び込んでくるのは
ものすごい数の鳥達と散乱した卵の殻。
鳥は常に亀の卵を狙っている。
d0074518_12245744.jpg

海ガメは土の中に卵を産むので
海岸に散乱している卵の殻は基本的には
鳥や犬が荒らしていったものと考えて良いと思う。

無事に卵から孵っても
カニや鳥がベイビーカメを狙っている。
海まで辿り着くのは至難の業のようだ。


しばらく歩いていくと
すぐにベイビーカメを見つけることができた。
d0074518_12375775.jpg

d0074518_12372535.jpg

生まれたばかりのベイビーカメは
迷うことなくこの大海原へ向かっていく。
d0074518_12383581.jpg


途中、カニに捕まって引きずられているものや
カニの巣である小さな穴にハマッてしまって
動けないものもいた。

当然、助けてあげる。

そして、小さな木屑ですら彼らにとっては大きな障害物。

こういう難題をひとつひとつ乗り越えて
ようやく波打ち際までやってくる。


波の存在を知ってか知らないか
とにかく勢いよく波に向かっていく。


一回目の波に打たれる。
生まれて初めての波だろう。

ザザーッと波が引いた後に
ひっくり返ったカメ達が残される。
とてもびっくりした様子で足をバタつかせて。
でも、彼らは自分の力で仰向けの状態から元に戻る。

また海に向かう。
2回目の波でまた流される。
今度はひっくり返らずにただ流されただけだ。
どうやら、波の乗り方を覚えたみたい。

そして、三度目の正直。
波を受けながらも、引き潮にあわせて必死に手をかいている。
スーッと波が引いた後に彼らの姿はない。


どうやら無事に波に乗ることができたみたいだ。


良かった
ひと安心


でも、すごいなぁ

自分なんか殻を飛び出すのに30年間かかったのに。
カメの赤ちゃんは卵から孵ってその日から大海原へ大冒険。


頭があがりません。


しばらく赤ちゃんカメを見送っていると
当然のことながら
元気な子もいればそうでない子も見かける

両前足の弱い子や
右足が利かないでお腹の下に引きずって
歩くのを邪魔してしまっている子もいた


そういう子は一目でわかる
他の子たちよりもさらに一所懸命だから
d0074518_12391598.jpg


そういう子を見るとその場を離れられなくなる

本能的に応援したくなる
最後まで見届けたくなる


何度も波に戻されては
海に向かっていくその姿

これは無理じゃないかと傍目で思ったそのとき

大きすぎず、小さすぎずの丁度良い波が来た。
その引き潮が流れた後に波の姿はなかった。


うまく波に乗れたようだ。

折れない心
本当に素晴らしい



そして、いつのまにやらSunset。
なんとも幻想的な海岸線。
波の痕がこんなに綺麗なんて。
d0074518_1231215.jpg

d0074518_123284.jpg

d0074518_12332115.jpg

d0074518_12334961.jpg

d0074518_12342644.jpg

d0074518_1235463.jpg


アリバダはまだだけど
この村好きだわ。




その夜は20時頃から浜辺でカメを探していた。
白い光のライトは禁止なので、
宿のオーナーがくれた赤いセロファンを装着した。
産卵後のお母さんカメを1頭発見。
d0074518_134061.jpg


産卵シーンは見れなかったけど
まずは80cmくらいの大きなカメを見ることができて興奮した。


翌日は朝4時に宿を出発して
産卵前のお母さんカメを発見。

産卵の過程を全て見ることができた。

陸に上がってきたお母さんはまず
場所を決めると穴を掘り出す。

後ろ足を片方ずつ使って
これが本当に器用に手のひらで砂をすくうようにして掻く。

左足で砂を掘って置く、右足で砂を弾き飛ばす。
そのまま右足で砂を掘って置く、左足で砂を弾き飛ばす。
この不思議なリズムの繰り返し。


近くにいると砂を思いっきり食らってしまう。


20cmから30cmくらい掘っただろうか
動かなくなったと思いきや
呼吸が荒くなって涙を流し始めた
d0074518_1258350.jpg

どうやら産卵中のようだ

卵が産み落とされてくる姿はなかなか見えない
見事に甲羅で隠しながら産んでいるから。

外敵から守る知恵だと思う。


産卵中は基本的にじっと動かない。


ただ、人が前に来たりすると後ろ足で砂をかけてくることもあるので
あまり邪魔をしない方が良いだろう


涙目で産卵を終えたお母さん

今度は全身をばたつかせて
土を固めている

必死に手をかいて
砂を集める

自分も回転しながら何度も砂をかく
産卵場所自体を
元の姿に戻していく

鳥達に荒らされないように

母の愛は深し

でも我が子を見ることもなく
お母さんカメは海へ還ってゆく
彼女たちの還る場所は海なんだ



明け方の5時を過ぎてくると
村の人々は浜辺にパラパラと集まってくる
d0074518_12563679.jpg


卵やベイビーカメを食べよう
とやってくる鳥を追い払うため


そして、卵が孵っている場所を見つけると人の手で掘り起こして、
ベイビーカメを出してビーチまで運んであげる

少しでも多く生き残ってほしいという
なんとも言えない親心を感じた。

こういう活動もあって
海ガメの環境は守られているようだ。
d0074518_1346695.jpg







さて、産卵も見ることが出来て大満足だが
やっぱりここまで来たらアリバダみたい。

ただ、そもそもいつが下弦の月なのかも知らないまま
到着してしまったので、数日かけて情報収集。

すると、撮影に来られていたNHKのカメラマンの皆さんに
偶然お会いすることができて、色々と教えて頂きました。

どうやら、10月26,27あたりが下弦の月になりそう。
ただし、先月カメさん達が現れたのは予定の1週間後だったらしいので
最悪、2週間くらいここで待つことになってしまうかも。。汗


一抹の不安を抱きながらも
毎日、日没後や夜明け前に
カメさんを探しに行く日々。



うっとりしてしまう海岸線と夕焼け。
d0074518_1344939.jpg

d0074518_1352980.jpg

d0074518_1355651.jpg

d0074518_1364232.jpg

月のまわりに輪っか
d0074518_1371524.jpg

d0074518_1383657.jpg
d0074518_1394012.jpg

d0074518_1310588.jpg

時おり蛍も顔を出す。
いつ来るかいつ来るかという期待を
膨らませてはなぐさめる毎日を送った。


そして、10月27日。

この日も朝の4時から浜辺を散策していた。
一頭のお母さんカメを見つけて、観察。

ただ、5時頃になって明るくなってくると
奥のビーチにカメがたくさんいるのが見えた。

あれれ、もしやこれがアリバダの始まりかな。。

基本は日没後から夜明けにかけて産卵が行われるらしいので
今夜はすごいことになるかも。。

そんな風に思いながら、
一度宿に戻って夜に備えて仮眠を取る。


そして、15時頃に浜辺に行ってみると。。

これはもう何て言ったら良いのか分からん
写真もどこをどう撮ったら良いのか分からん
大量の亀、かめ、カメ!!
d0074518_13151055.jpg

d0074518_13153957.jpg

d0074518_1316918.jpg

d0074518_1314267.jpg

d0074518_1319212.jpg

d0074518_13194595.jpg

d0074518_13203346.jpg

d0074518_13183920.jpg


しかも、時間の経過と共にどんどん増えていく。
そして、どこからともなくいきなり増えた観光客!!笑
近くの町に待機していたツアー組みのようだ。

人を写らないように撮るのが大変。。
d0074518_13134974.jpg

海から異様な数のカメが押し寄せてくる姿は
ナウシカのオウムを思い出してしまう。
d0074518_13293695.jpg

d0074518_13302545.jpg

d0074518_13305363.jpg

d0074518_13312560.jpg

d0074518_13315822.jpg

d0074518_13342214.jpg

d0074518_13344345.jpg


これほどの数のカメが夕方に来るのはとても珍しいとのこと
d0074518_13363266.jpg



カメたちは目があまり見えないのか
互いにごっつんこしたり、砂を掛け合ったりしながら
必死に卵を産もうとする。
d0074518_13213661.jpg

d0074518_13352276.jpg




どうして、このタイミングにあわせて来るんだろう。
しかも満月でも新月でもなく下限の月というこの時期に。

生命の集団意識というべきか
目に見えない神秘的なつながりを感じざるを得ない







ひとしきりこの光景を目に焼き付けた後
小さな土の丘から落ちてしまったと思われるカメを発見。
仰向けになって動けないでいた。


赤ちゃんカメならば自分で起き上がれるのだが
大人の亀はどうやら自力で元にひっくり返ることが出来ないらしい

旅仲間と二人で力ずくで表に返す。

この亀はまだまだ余力を残していたみたいなので
自力で浜まで歩き始めた。

良かった。


しかし、別の場所では
力尽きてしまったのか
動こうとしてるのに動けないカメがいた

休憩している亀はしばしば見かけるのだが
そもそも休憩している亀は動こうとすらしないので
これはどうも様子がおかしい。

腕の筋力が衰えてしまったのか
一向に進むことができない

またまた二人で気合で動かそうとするも
1m動かすだけで大仕事。

偶然、通りかかったイギリス人夫婦に手伝ってもらって
ようやく波打ち際まで運ぶことに成功。

しかし、ここからもなかなか進まない。
前足がほとんど利かないので他のカメのようには泳げない


駄目かなと諦めかけたその時
大きい波が押し寄せて、その引き潮に合わせて
力ずくで押したら波に乗った!


そして、何度か甲羅が波の上から顔を出し。
やがて見えなくなった。


やっぱりだ。
赤ちゃんカメと同様、僕らの勝手な予想を覆す
最終的には自然の力を借りて、彼らは海へ還っていく

命と自然は一体なんだ


そして、お母さんカメはかなりのリスクを背負って
陸まで上がって卵を産んでいるということが良く分かった。


当たり前に生むわけでもなく
当たり前に生まれてくるわけでもなく
当たり前に育つわけもない









本来、3日間くらい続くと言われていたアリバダ。
今回はなんとこの1日で終了した。
それだけ普段よりもたくさんのカメが集まっていたのかもしれない。
のべ30万頭を超えるカメが来ていたようだ。



結果的には一週間待ったけれども
この一週間があって良かったと思う。


アリバダという現象だけ見て帰ってしまうのはあまりに惜しい。
この光景がすご過ぎるだけに、全体に圧倒されて、
個を見ることを忘れてしまう気がする。

森を見て木を見ずでは勿体無い。


日中に赤ちゃんカメを見つけて、
ひとつの巣穴から大量に這い出してくる姿に驚き、
波打ち際までの障害物競走を見守る。
何度も波にもまれながら、
海へ向かっていくその姿を思い出す。

夜中に一頭のお母さんカメをようやく見つけて
産卵の様子をじっと眺め、
外敵から卵を守ろうと必死な親の姿をみる。

そして、彼らの還る場所が海であることを知る。



アリバダが素晴らしいのは言うまでもない
ただ、このひとつひとつを経験できたことも
僕にとってはとても大きなものになった


僕が還る場所はどこだろうか








PS
翌日はほとんどカメのいなくなった海岸に驚きを覚えつつ
色々とお世話になったNHKのディレクター、カメラマンの皆さんに
30分ほど歌わせて頂きました。

僕の楽曲を理解して下さっているのがなんとなく分かって、
歌っていてとても気持ちが良かった。

エネルギーの交換とはまさにこういうこと。

とても良き出会いに感謝。
また日本で是非、お会いしたいです。
本当にありがとうございました。

d0074518_13405195.jpg

[PR]

by charu725 | 2013-10-28 23:57 | CostaRica | Comments(1)

10/20 Liberia&SantaCruz CostaRica

朝の8時にGranadaを出発して
Rivasまで1時間半ほど。(30コルドバ)
チキンバスを乗り換えてコスタリカとの国境の町Sapoaに12時頃到着。(20コルドバ)
ニカラグア出国でなぜか3ドル支払うことに(領収書あり)

コスタリカ側ではチキンバスはもう存在しないようで
普通のバスに乗ってリベリアに13時半頃到着。(1600コロン)

バス停のレストランでランチを済ませて
ついでに荷物を置かせてもらいリベリアの教会だけ見に行く。

教会には見えない
d0074518_963041.jpg

d0074518_971965.jpg

d0074518_974361.jpg


15時に再度リベリアを出発。
サンタクルスには16時半頃到着。(1000コロン)

この町はホテルが非常に高い。
20ドル超えがほとんど。Pension Amaditaという安宿に泊まることに。(値切ってツイン一人8ドル)
リベリアで泊まった方が良かったかもしれない。。とも思う。

なぜ、サンタクルスまで来たかといえば
ここからオスティオナル(Ostional)という村までのバスが毎日12時半に出ているらしく
サンタクルスで一泊して、バス停の確認や食糧の買出しを済ませて置きたかったから。


そして、Ostionalではアリバダ(ウミガメの大産卵)を見たい。
毎年8月~10月の下弦の月の時期に見られるらしい。
ただし、自然現象なので一週間くらいずれることもあるみたい。

カメさんがいつやって来るのかは神のみぞ知る。
コスタリカの物価は高いので、数日分の食糧を買い込んだ。

今日は満月なので、
何日かかるかなぁ
見れるといいなぁ
[PR]

by charu725 | 2013-10-20 09:03 | CostaRica | Comments(1)