世界一周のうたたび ちゃるのあしあと


うたう旅人「ちゃる」のブログ Singing is Drawing ~歌うことはつないでいくこと~
by charu725
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
タグ
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
ありがとうございます! ..
by ちゃる at 01:43
Feliz Año 20..
by charu725 at 22:03
Feliz Año Nu..
by かおり at 10:28
歌詞、かっこいいです!深..
by べべ at 10:19
ありがとう♪
by charu725 at 11:30
ブログパーツ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧


学生時代

グループワークしたり、合宿したり、学校泊まったり。

テニスしたり、映像つくったり、海でバックドロップしたり。

富士山登ったり、フルマラソン走ったり、ワゴンの旅したり。

壁にぶちあたっては、一緒に泣いたり 笑ったり ケツ叩いたり。


やることありすぎてテンパリマックス。
だけどなんだか毎日楽しい。

そんな感じのあの頃に似ているなぁ



辛くても笑顔で前進できたのは、
大切な仲間がいたから
[PR]

by charu725 | 2008-09-22 23:07 | Comments(0)

identity

いつのまにか
自分の存在価値や自分の表現手法を
音楽に頼るようになってしまった。

昔はそんなことはなかった。
少なくとも中学時代までは音楽に触れてなかったし、
高校、大学も音楽は側にいたけど、他の自分が確かにいたはず。

その自分で立派に生きていたはず。


でも社会人になって
必死に守ってきたのは音楽だった。

染まってしまうことを怖れて
自分で明確に線を引いた。

何にも染まらないもの。

自分のコトバ
自分のメロディ
自分のウタゴエ


今となっては
昔の自分がどのように自分を伝達していたのか
良く思い出せない。


音楽を封印したらどうなるだろう


もしかしたら自分が思うほど
音楽の占める割合は少ないかもしれない。




今、僕の音楽を知らない人に
僕はどのように映っているだろう

僕の音楽を知らなかった人は
僕をどのように見ていたのだろう

あの頃の自分は
何を持っていたんだろう

あの頃の自分が持っていたものは
まだ僕の中にあるだろうか
[PR]

by charu725 | 2008-09-10 21:36 | Comments(2)