世界一周のうたたび ちゃるのあしあと


うたう旅人「ちゃる」のブログ Singing is Drawing ~歌うことはつないでいくこと~
by charu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
タグ
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
ありがとうございます! ..
by ちゃる at 01:43
Feliz Año 20..
by charu725 at 22:03
Feliz Año Nu..
by かおり at 10:28
歌詞、かっこいいです!深..
by べべ at 10:19
ありがとう♪
by charu725 at 11:30
ブログパーツ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
ブログジャンル
画像一覧

<   2016年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧


5/29 麦フェス@栃木県足利市 presented by 食と農と人をつなげる会

d0074518_20261064.jpg
歌ってきましたーめっちゃ楽しかった♪

今回は、コモンビートの「Here we」公演がメインで
僕はその後に歌わせてもらったのだけど
なにより、この麦畑、大自然の中の「Here we」が
とても良かった。

劇から伝わって来るいろんなメッセージも
自分が旅中に感じてきたものとリンクするものがたくさんあって、

あー今日この場でこの歌も届けたい、あれもこれも、どうしよう。。
てな感じでしたが持ち時間は20分。

冷静に歌う曲を整理して。。

実際のセットリストはこちら

1,Nomad
2,気球にのせて
3,Rebirth 〜未来へつなぐ鼓動〜(with ディラン)
4,Drawing

アンコール
5,あなたとともに

d0074518_20263247.jpg

d0074518_20264953.jpg

観に来て頂いた皆様、ありがとうございました。
牛の餌用の牧草(ロールベールサイレージと言うらしい)で作られたステージで
300人くらいの方々に見守って頂きながら、本当に気持ち良かったです。

今日はあえて明るめの曲を選択したのだけど、それが良かったかなと思います。
観客はバーベキューしながらだったので酔っ払ってたしねー♪笑
野外ステージでNomadを歌うのがこんなにも気持ちいいとは。。
マイクありもやっぱりいいなぁ♪

Rebirthは「A COMMON BEAT」という作品に提供させて頂いている
ミュージカル版「Rebirth〜未来へつなぐ鼓動〜」を
12期初代で共演した「ディラン」と共にお届けしました。

一度もリハできなかったけど、無事に歌えたね。
さすが、でぃらーぬ本当にありがとー

声をかけてくれた主催のキコ、大地クン、
スタッフとして炎天下で動いてくれた皆様、
本当にありがとうございました。

個人的には、
50人?くらいで演じられた本気ミュージカルの後に
自分ひとりで舞台に立つ(300人を前に)のは
なかなかハードル高いなと思ってたんだけど、
蓋を開けてみると、温かいオーディエンスの皆様のおかげか、
まるで緊張することもなくめちゃくちゃ楽しかったです。

とってもいい経験になりました。

積み重ねてきたのは、自分への信頼
ようやく準備が整ってきた感じ。

もう、何でもこいってか、いきまっせー♪笑

追伸:
次のイベントは
6/4(土)CafeEclaircie@小田急線祖師ケ谷大蔵駅 19時スタート
6/11(土)TABICAFE@ITABASHI marquee 18時半スタート
6/16(木)新宿SACT! 19時半スタート

あとは、5日と12日にmasa2sets@小田急線向ヶ丘遊園駅で
歌わせて頂くかもしれません。

詳細はこちらで
http://charulog.exblog.jp/i115/
[PR]

by charu725 | 2016-05-31 20:26 | Japan Live | Comments(0)

芸術家 谷口登茂子さん

日本に留まらず、世界で活躍する芸術家の谷口登茂子さん
d0074518_2384467.jpg

出会いは1年半前。
旅仲間のkuuさんが僕のライブに連れてきてくださったのが始まり。
その時にとても気に入って下さって、連絡先を交換して
CDが完成した時には、知り合いに配りたいからと
たくさん購入して下さいました。本当に有難いです。

今日はアトリエに伺うことが出来て
はじめて登茂子さんの作品を生で拝見したのだけど
思わず声が出てしまうほど、、。

75歳で今なお、作品を作り続けるそのエネルギー

いのちを刻みつけているかのような作品たちに
圧倒されてしまいました。
d0074518_2393699.jpg

海外の美術展に数多く参加している登茂子さんですが
8月に国内展にも出品されるとのこと。

会期:2016年8月9日(火)〜8月13日(土)予定
会場:東京芸術劇場(東京都豊島区西池袋1−8−1)

皆さんにもご覧頂きたいなぁと思いました。

今日は御礼にほんの少しだけ歌わせて頂いたのですが
「ボーイソプラノみたいに綺麗な声、すーっと心に入ってくる」
「あなたの歌はメッセージ性がね、好きなの」
「純粋なアーティストは応援したくなるのよ、心が声にも言葉にも出てる」

などなど、嬉しいお言葉を頂きました。
ありがとうございます。また遊びに伺います♪

そして、明日からスペイン巡礼に出発するkuuさんにも
お届けできて良かった。

歌った中の一曲に関して

「この曲は他の曲とは別格のエネルギーでびっくりした。ダイレクトにハートにくる。言葉を超える。こんな歌を歌えるようになったんだね」

わーい、嬉しいなー
その曲は歌ってる時、軽い瞑想みたいな感じになるのでそういうのもあるのかな、または想いの強さか、集中力か。とにかく、ありがたきお言葉でした。

巡礼後のkuuさんは更に進化しちゃうんでしょうね
どう考えても荷物は多すぎだけど、、笑
再会が楽しみです♪

追伸:
2枚目の写真は今日頂いた登茂子さん掲載記事の抜粋です。
うまく撮れなかったので、「谷口登茂子」で検索してもらえると
過去の作品が垣間みれると思います。一部はこちらにも
http://www.nihonbijutsu-club.com/t.taniguchi/
[PR]

by charu725 | 2016-05-26 02:39 | Japan Live | Comments(0)

5/24 トーク&ライブ@沖縄そば岡てつ

歌ってきましたー
沖縄そば岡てつ史上記念すべき初ライブ♪
満席で終えられて良かったです。

温かいオーディエンスの中、ゆっくり話ながら、
たっぷり歌えて、とっても楽しかった。

本日のセットリストはこちら

1,Nomad
2,気球にのせて
3,FrangiPani
4,冒険者たち
5,虹色ギター
6,Flow
7,Rebirth
8,One pure smile
9,Two choices
10,Jet Coaster
11,あなたとともに
12,桜便り
13,Drawing
d0074518_058575.jpg

観に来て頂いた皆様、ありがとうございました。
d0074518_058199.jpg

マイクなしのライブで、お客さんとの距離も近いので
伝わってる感じがして、とても良かったです。

みなさんの幸せそうな顔を見れば
もう何も言うことはありません。

歌ってて良かったなーと思う瞬間です。
本当にありがとうございました。

岡田さん、歩さん、お世話になりましたー
内心どうなることかと思ってましたが
蓋を開ければ満席で、とってもHappyな空間になりましたね。
ありがとうございました!
また次回、宜しくお願いします♪


追伸:
6月のライブは今のところ、4日にCafeEclaircie@祖師ケ谷大蔵、
11日に詳細未定だけどTABICAFEというトーク&ライブイベント
16日は新宿SACT!です

詳細はこちらにアップしていきます。
http://charulog.exblog.jp/i115/
[PR]

by charu725 | 2016-05-25 00:59 | Japan Live | Comments(0)

2016年6月のライブ情報

○2016年6月4日(土)
場所/CafeEclaircie@祖師ケ谷大蔵
Open 18:30 / Start 19:00
料金 ¥2,000 + 1ドリンクオーダー
出演/結井想助、ちゃる、都
演奏時間/30分ずつ
アクセス/小田急線祖師ヶ谷大蔵駅より徒歩2分
http://cafe-eclaircie.com/access.html 


○2016年6月5日(日)
場所/masa2sets
Open 12:00 /Start 13:00 End 16:00
ゲスト枠で15分ほど歌わせて頂きます。
料金/2オーダー(ランチ含む)musicチャージは投げ銭制
アクセス:小田急線向ヶ丘遊園駅より徒歩2分
http://www.masa2sets.com/cafebar/#Access

○2016年6月11日(土)

TABI CAFE

「まだ知らない世界を冒険したい」
「興味はあるけど、どうやって始めていいのかわからない」
「旅行誌を読んでも、いまいちピンとこない」

テーマは ”地球で遊ぼう!”

海外へ行ったことある人、ない人
行ったことのある国、行きたい国
それぞれの経験や夢を共有しませんか?

世界一周旅行者や強者バックパッカー、これから旅に出たい人達が集まる夜にしていきます

◆DATE◆
6.11(Sat)

◆TIME◆
18:30〜21:00

◆PLACE◆
ITABASHI marquee
http://www.marquee-s.com

〒173-0004
東京都板橋区板橋1-47-9
グランメゾン新板橋1階
JR埼京線「板橋」駅
西口より徒歩約5分

都営三田線「新板橋」駅
A3出口より徒歩約1分

東武東上線「下板橋」駅
徒歩約7分

◆ENTRANCE FEE◆
3,500 yen

◆キャンセル料◆
前日:1,500 yen
当日:FEE100%

◆guest◆

*鳥谷将由 28歳
2013年、病院勤務の理学療法士を辞め、単身世界一周旅行(16カ国)に出る決断をする
現在は訪問看護立ち上げとオーナー業などの事業を行ないながら夢に向かって邁進中
『人生は一度きり、どう生きるかは自分次第、どうせ生きるなら人の心に残り続けたい』
をモットーに日々生きている。

*うたう旅人 ちゃる
Singing is Drawing〜歌うことはつないでいくこと〜
慶應SFC卒。29歳で実現したミュージカルへの楽曲提供をきっかけに、
30歳で8年間つとめたJTBを退職。ギター片手に世界放浪の旅へ。
3年2ヶ月で100カ国以上をめぐる。
帰国後、旅中に生まれた楽曲を集めたアルバム 「Nomad~地球ひとり旅 詩~」を発表。
祖国、日本で本格的な音楽活動を開始。
「すべてのいのちが輝くままに」をテーマに「言葉を越えて響き合う音」を追求している。

Movie→https://www.youtube.com/watch?v=168StnFRfMc
(search words “charu nomad")

*岩渕哲哉 51歳
大学時代に起業。
沖縄の人気カフェ『GREEN GREEN』をはじめ、複数のビジネスを持ちながら、沖縄、東京の二重生活中。
『日々、ゴキゲンに』をテーマに
毎日を楽しく過ごすことを大切に生きてます。

*北野久史 51歳
高2の夏、アメリカにホームステイ。地球を小さく感じた。その後旅にはまり世界を回る。
サラリーマン生活0年。
旅人生活を満喫。
現在訪問国は65ヶ国。
今回みんなに送るメッセージは
「今の時代に、日本に生まれた幸運。
僕らは、地球上のどこにでも行くことが許されたひと握りの人間。
ほんの少しの勇気で人生は変わる。
旅に出ようよ!」

さぁ、旅の支度をしよう!

○2016年6月12日(日)
場所/masa2sets
Open 11:00 /Start 12:00 End 21:30
1周年記念!15分ほど歌います。
料金/1オーダー
アクセス:小田急線向ヶ丘遊園駅より徒歩2分
http://www.masa2sets.com/cafebar/#Access

○2016年6月16日(木)
場所/新宿SACT!
開場/19:00
開演/19:30
料金/前)2000yen 当)2500yen ドリンク代600yen別
共演/うたう旅人 ちゃる、津田ユウキ、日比康造、谷口崇
演奏時間/30分 
アクセス:JR新宿駅から徒歩10分
大江戸線/東新宿駅 徒歩3分
副都心線/東新宿駅 徒歩3分
丸の内線・都営新宿線/新宿三丁目駅 徒歩5分 
http://www.sactsow.com/sact/Contact.html

観に来て頂ける方は本名と人数を書いてメッセージorメール
(charu7info@gmail.com宛)をお願いします。
ではでは、どこかでお会いできるのを楽しみに♪
[PR]

by charu725 | 2016-05-25 00:21 | ライブ告知 | Comments(0)

「美しの里プロジェクト」の仲間たち   《3/3》

僕が昨年末のツアー中に出会った大切な仲間たち。
震災後どうやって熊本に行こうか悶々としていた時に
「僕らと一緒に行動してくれませんか?」と声をかけてくれた。

そして、今回初めてお会いした方々も。
本当に素敵な方ばかりで改めて感謝です。
d0074518_10125677.jpg

d0074518_1014456.jpg

d0074518_1014552.jpg

d0074518_10151281.jpg

d0074518_1016037.jpg

d0074518_10163781.jpg

プロジェクトの恒久テーマは
「100年後の未来に思いを馳せて、本当に心から願うもの〜私はあなた、あなたは私の体認からの出発〜みんなひとつになって、仲良う楽しく繁栄していこう」というもので、お金に依存しない村づくりなど何十年も模索してきた先輩方が大きな視点で見守り、受け継ごうとして下さっている。


今回、MTGで話合ったテーマは

「震災は私たちを変えるのか!・・震災は私たちのターニングポイントとなり得るのか?・・ 」


多くの方がこの震災前後を機に変化している自分を感じているようです。そして、今日のMTGは「共感」ということが大きなテーマだったように思います。

細かい内容はここでは省きますが、
僕がお話した共感のイメージは音楽での実体験を例にしたもので

自由なハミングで即興で歌い合う
何でもありの自由な世界
でも実際は相手の声・音をひたすら聞いている
気持ちよく共鳴するように、調和するように歌う
自由なんだけど調和の世界
するとそれを聴いていた人が涙を流すこともある

このことから、
相手を意識すること、寄り添うこと、それ自体が美しく
そこからまた共感が回りに広がっていくんじゃないかと。

この話はとても分かり易いと言って頂けましたが
こういうテーマについて、素直に話し合える環境が本当に羨ましい。

そして、震度6と7を経験しても、ほぼ無傷で残った古民家が
今はプロジェクトの若い仲間たちの集い場のようになっていました。

ボランティア活動は16時には終わるので
その後は、知り合いつながりの子守をしたり
このアジトで皆で育苗したり大工仕事したり
被災地であろうとも自然があるからこそ、こんなにも豊か。

自然は脅威にもなるけど、味方にもなるんだ。

夜は皆でご飯つくって
「100人の村だったら、自分は何をするのか」
「なぜ、ボランティアに来るのか」
とか、毎晩いろんな話を。

気づけば2時、3時まで語り、、
やばい、明日も肉体労働だから寝なきゃ、、という感じで渋々寝る。

今回は、ボランティアとしてのお手伝いが目的で
ギターは持ってこなかったのだけど、
このメンバーの前では、ギターを借りて
気兼ねなく何度も歌わせて頂きました。


本当に良きメンバーたちで密度の濃い9日間。
「マジで移住してくればいいのに」
「また待ってるからね」
「今後、何十年も続いていく関係と確信している」
など嬉しい言葉の数々、心からありがとう。

最後は空港までみんな来てくれて
本当に感謝の気持ちでいっぱい。

これから阿蘇に何度も通ってしまうんだろうなぁと
観じています。

引き続き、心あるつながりを、宜しくお願いします。
[PR]

by charu725 | 2016-05-23 10:16 | Japan | Comments(0)

おもいっきり遊び隊   《2/3》

5/21は、Kumamoto for KIDS主催の「おもいっきり遊び隊」に参加。
こんな時だからこそ、子どもたちには伸び伸びイキイキ元気いっぱい笑顔でいて欲しい、という想いから
始まったこの企画。

当日は、竹で釣竿をつくって魚釣りしたり、そのまま川遊びしたり、
五右衛門風呂に入ったり、焚き火でマシュマロ焼いて食べたり、
ドラえもんやアンパンマンの歌を一緒に歌ったり、一輪車に乗る練習したり、
子守から解放されたお母さんに癒しの歌を届けたり、お菓子作りの教室があったり、と
盛りだくさんの1日になりました。
d0074518_105245.jpg

d0074518_106952.jpg

d0074518_1063873.jpg

d0074518_1071123.jpg

d0074518_108165.jpg
d0074518_1074915.jpg

d0074518_1085664.jpg


決まりゴトは特になしで、大人も一緒にひたすら楽しむ、という形で
素直に楽しかったし、勉強になりました。
ギターも借りれたので、歌もささやかながらお届けすることができました。
(子供用の歌を教えてくれた皆さん、本当にありがとう!)

イベントが終わった後にびちょ濡れの服で「ちょー楽しかった!!!!」と
言ってくれる子どもがたくさんいて本当に少しでもお手伝いが出来て良かったなぁと。

「おもいっきり遊び隊」は今後も継続して活動していくとのことなので
お近くの方は是非、参加してみて下さいね。


それから、お母さんとお話をしている中で
「物資は徐々に増えてきても、仕事がなくなって収入がないから買えない。」
「家がなくて、引っ越さなくてはいけない。でも仮設住宅の入居可否が分かるのが一ヶ月先で、それまでは動けない。」
(引っ越し先を見つけると、生活力があると見なされて、仮設には入りづらくなる。西原村では取り急ぎ50棟の仮設が建設中だが、足りるわけもなく。。)
など、現実的な問題をお話して下さる方もいました。

いろんな意味で「継続的な支援」が求められているのを実感したし、
支援というよりは「寄り添う」「送り合う」という気持ちの方がしっくりくるような。

今度は関東で起こるかもしれないし、どこで起こってもおかしくないけど
「送り合う」というのは、貸しをつくる、とかそういう話でもなく
何かが起きたから、「寄り添う」わけでもなく、

普段から、人間としてのつながりを大切にしていきたい、という
ただそれだけな気もする。

言うは易し、行うは難し。
日々精進ですね。
[PR]

by charu725 | 2016-05-23 10:09 | Japan | Comments(0)

5/14〜22日まで熊本に行ってきました。  《1/3》

昨年末の旅ライブツアーで出会った仲間たちとも無事再会。

まずはボランティアのお話から。

自身も被災していながら震災当初から各地で活動していた仲間と一緒に
益城町と西原村のボラセンに登録して、瓦礫撤去や大掃除のお手伝い。

益城町は平日でも毎日400〜500人くらい、西原村は50〜60人くらいの人がボランティアで入っていました。
仕事は多岐に渡りますが、東北の時の泥かきや泥畳の撤去とは違って、今回は瓦やレンガの撤去作業にかなりのマンパワーが使われていると思います。
今回行けなかった南阿蘇は、土砂崩れによる被害が大きいとのことで、重機を扱えたり、免許を持ったエキスパートの方が特に求められているようです。

ボランティア中は写真を撮ってないので、5/15に車で移動中に撮った益城町の動画をシェアさせて頂きますが
被害の状況も感じ方も人それぞれでした。

https://www.facebook.com/charulog/videos

家が住めない状況になっていても、「断捨離できた!」と明るく話してくださる方もいれば、
「農家の仕事と家の片付けの両方は家族の手だけではどうしても出来なかった。このご恩は一生忘れません。本当にありがとうございます。」と涙ながらにお話して下さった方も。(こちらも涙が出そうになりました。)

そして「何十年も愛着を持って使っていたものが、一瞬にしてゴミになってしまった」と苦笑いしながら話して下さる方。
全部捨てていいです、と言われても。瓦礫の山から見つける白黒の写真などは、どうしてもゴミの山に積む気にはなれず家主さんにお届けする。
すると、ニコニコしながら「ハンサムだろ?」って受け取ってくれたり。やはりただのゴミとは違うのだ。


一方、自分たちが10人がかりで運んだ、すごい量の瓦礫や土嚢袋を見ると。
マンパワーの凄さを改めて感じると同時に。。

人間がつくったものは、使えなくなってもそのまま循環できない
自然は完璧な循環システムを持っているのに
僕たちは何をしたいんだろう、と考え込んでしまう

もちろん、そのためにリサイクルがあるんだけど、、、

循環できる創造

もっともっと自然を知りたい
もっともっと自然と仲良くなりたい、と強く思う日々でした。
[PR]

by charu725 | 2016-05-23 10:02 | Japan | Comments(0)

5/3ライブ@新宿SACT!

遅くなったけど歌ってきました♪
とっても素敵な共演者の皆様で
本当に楽しかったです。

客層もかなり幅広くて、それぞれ出演者の個性が出てた感じですね。

セットリストはこちら

1,この歌が終わるまで
2,未知なる道を
3,Rebirth
4,虹色ギター
5,あなたとともに
6,Drawing
d0074518_1172363.jpg

d0074518_1175771.jpg

観に来て頂いた皆様、ありがとうございました。

今日は明確なメッセージのあるライブだったので
たくさん、嬉しい言葉も頂いたのですが、

そんな中、PA(音響)さんには面白いこと言われました。
以前から僕の声を「独特のAIR感がある」と言ってくれていて
リハ中からじっとヘッドホンに耳をあてて研究してくれてたのですが、
どうやらそのAIR感の正体が判明したと。

その答えは、、


「ちゃる君、鼻からも声出してるでしょ!」


え?爆笑。。。


鼻から?


えーと、、それは恐らく不可抗力というか無自覚というか、
ただ、鼻が大きいだけかと。。。生まれつき。。笑。。
良くいじめられた。チビノリダーって。。笑


いや、まあ、息は出てると思うけど
声が出てるかは、良く分からんです。

でも、鼻摘まむと声質は少し変わる。←これ発声的にはあまり良くない

そして、息の成分が多いことは確かにそうだった←これも発声的には微妙。。。


なので、否定はできず。

うん、そうかもしれません。。

なんか、鼻から声だしてるって
想像するだけでアホっぽいけど。。笑


はい、本当はとっても真面目なライブだったのですが、
そこで伝えたかったことは、ずっとうまく書けなかったので
また別途書くことにします。


今後のライブは
5月24日(火)20時から沖縄そば岡てつ@千歳船橋にて
https://www.facebook.com/events/962992280474483/
5月29日(日)栃木県足利市にて
(麦畑でライブ、ミュージカルHere we公演と合わせて歌わせて頂きます。300人くらいお客様がいるらしい。詳細は追って)
6月16日(木)新宿SACT!にて

です。ご都合つけば是非、お越しください♪
[PR]

by charu725 | 2016-05-12 01:18 | Japan Live | Comments(0)