世界一周のうたたび ちゃるのあしあと


うたう旅人「ちゃる」のブログ Singing is Drawing ~歌うことはつないでいくこと~
by charu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
タグ
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
ありがとうございます! ..
by ちゃる at 01:43
Feliz Año 20..
by charu725 at 22:03
Feliz Año Nu..
by かおり at 10:28
歌詞、かっこいいです!深..
by べべ at 10:19
ありがとう♪
by charu725 at 11:30
ブログパーツ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
ブログジャンル
画像一覧

タグ:うたたび ( 131 ) タグの人気記事


7/18-21 MexicoCity Mexico うたうた♪

サンクリを出発する30分くらい前から
ものすごい勢いで雹が降り始めた。
かなり大きなものばかりで、雹が宿のトタン屋根に当たる音で耳がおかしくなりそうなほど。
それが1時間以上も続いた。

ローカルピープルもびっくりしてた。

とりあえず、歩いてバス停まで行けないので
タクシーで行く羽目に。

やっぱりこの町は何かあるわ。

バスは予定の17時を少し遅れて出発。
明け方の7時頃にメキシコシティに到着。(450ペソ)


ここでは、2年半以上前にインドで会ったメキシコ人の友達と
待ち合わせをしていた。

9時頃に合流完了!

彼女がメキシコシティを一日で弾丸ガイドしてくれた。


カテドラル
d0074518_21384294.jpg

d0074518_21405529.jpg

d0074518_21415934.jpg

d0074518_21424338.jpg

d0074518_21431559.jpg

d0074518_2144030.jpg

ソカロ
d0074518_21444470.jpg

教会
d0074518_21452315.jpg

d0074518_2146329.jpg

d0074518_21471780.jpg


d0074518_21464171.jpg

d0074518_21475359.jpg

d0074518_21483595.jpg


d0074518_21491982.jpg


Castillo de Chapultepec チャプルテペック城のミュージアム
d0074518_21511693.jpg



Museo Nacional deAntropologia 国立人類博物館
スタイリッシュなミュージアムが点在するメキシコシティの中でも最大のミュージアム
保存状態の良さにびっくり
d0074518_21525333.jpg

d0074518_21533053.jpg

d0074518_2154475.jpg

再現
d0074518_21545185.jpg

d0074518_2155324.jpg


それから彼女が家族と住んでいるTolucaの町へ。
バスで1時間ほど。

めちゃくちゃお洒落なお家で
三年間で間違いなく一番豪華な部屋に泊まらせてもらった。

しかも、僕が来るからってことでテレビまで買ってきてくれたらしい。。
すごすぎるおもてなし。。

翌日はお姉さん家族やご両親との家族旅行に随伴。。笑
車で3時間ほど離れたところにローカルピープルの聖地

Malinalco
緑に囲まれた素敵な場所でした
d0074518_21564052.jpg

d0074518_2201612.jpg

d0074518_2204948.jpg

d0074518_2212142.jpg

d0074518_222015.jpg

d0074518_2223418.jpg


教会
d0074518_2291382.jpg

d0074518_2295082.jpg

d0074518_22102286.jpg

d0074518_22105790.jpg


Las Truchas
鱒(ます)の養殖場がある
そして、その周辺は魚料理屋が集中している

食べるまでの流れは

まず養殖場で魚を買う
d0074518_227949.jpg


子供にさばいてもらう
d0074518_2275035.jpg


料理屋に持って行って料理してもらう
d0074518_2283729.jpg


僕が肉をあまり食べないってことで
わざわざここに連れてきてくれたみたい。

本当にありがたい。

そして、翌日はお姉さん家族と共にNavado de Tolucaという火山へ。
d0074518_22132453.jpg

d0074518_22143576.jpg

火山と言っても今は2つの火口は湖になってる
Laguna de la Luna
d0074518_22171375.jpg

d0074518_2217476.jpg

Laguna del sol
d0074518_22163480.jpg

d0074518_22181717.jpg

d0074518_22184442.jpg


チベットを思い出すような素敵な場所でした。

そして、今日はこのまま20時のバスで空港に行かなければならない。
お家に戻ってシャワーと夕食を頂いて、そのまま出発。

なんとか御礼がしたかったのだけれど時間がなかったので
一曲だけ歌わせて頂くことに。

お父さんもチベットのファンだということで
One pure smile を歌った。


この旅最後の一日。
本当に至れり尽くせりで感謝しても仕切れない。

旅のご褒美かな。

だからこそ
もっとちゃんと歌いたかった。
また来いってことだね。

再会を楽しみに♪
本当にありがとうございました。
[PR]

by charu725 | 2014-07-23 22:56 | Mexico | Comments(0)

5/9-7/17 SanCristobalDeLasCasas Mexico うたうた♪

パレンケからミニバスでオコシンゴへ。(50ペソ)
さらにミニバスを乗り換えてサンクリまで。(50ペソ)
全部で5時間弱ほど。

サンクリの町はとってもおしゃれでびっくり。
d0074518_3283888.jpg

d0074518_331072.jpg

d0074518_3313584.jpg

d0074518_3324056.jpg

ローカルな市場
d0074518_3331288.jpg


このオシャレ感とローカル感が
同居してるのがとても好きなとこ。

教会
サントドミンゴ
d0074518_3321046.jpg

町から見えるグアダルペ
d0074518_3343950.jpg

d0074518_3364669.jpg

d0074518_337780.jpg

d0074518_338317.jpg

d0074518_3493172.jpg


サンファン・チャムラ
サンクリからコレクティーボで30分ほど(12ペソ)
日曜日の市場
d0074518_3404885.jpg

d0074518_3392070.jpg

d0074518_3412041.jpg

d0074518_3414295.jpg

d0074518_3421270.jpg

教会
d0074518_340755.jpg

中は撮影禁止。
伝統宗教とキリスト教が融合した不思議な空間

床には松の葉が敷き詰められていて
人々は色のついたロウソクを何本も立ててお祈りをする。


キリスト教色はかなり薄く、
音楽はアコーディオンとギターと太鼓のグループが生音で演奏する。

音楽がループする中、無数の炎の明かりに心を奪われてしまう



Zapatistasの村Oventicへ
コレクティーボで1時間強で到着

インディヘナの農民達で組織された
サパティスタ民族解放軍

農民が生活できなくなることを想定し
北米自由貿易協定に反対する形で武装蜂起したが
今では武力行使ではなく対話による解決を目指している。

ゲリラ組織なので、
僕のような訪問者の相手をする人は覆面を被っているけれども、
村で生活する人々は普通に顔を出している。
学校もあり、農業をしながらの共同コミュニティが出来上がっている。
d0074518_3445484.jpg

d0074518_3454578.jpg

d0074518_346193.jpg

d0074518_3464052.jpg

d0074518_347256.jpg

d0074518_347301.jpg

d0074518_3475278.jpg

d0074518_3481336.jpg

反グローバリゼーションの主張は主にインターネット上で
行われているようで、全く危険な感じはしない。
むしろ、穏やかなインディヘナといった印象。

TPPに飲み込まれようとしている日本人が
見習うべきことがたくさんある。


そして、ヨガの先生カップルとの素敵な出会い
d0074518_4113245.jpg


この出会いがきっかけで
結局、サンクリには2ヶ月以上滞在することになった。。笑


毎朝4時に起きて、水シャワーを浴びてから瞑想。
昼からは路上で生活費を稼ぎながら週5でヨガに通うという生活。

修行僧みたいだけど
自分のやりたいことだけやる
とても充実した日々。

写真も全然撮らなくなってしまった。



路上ではインディヘナの人たちも子供に託してお金をくれる。
ニコニコ笑顔で渡しに来る子供。
ありがとうと言って、親御さんを見ると恥ずかしそうな笑顔をくれる。

普段はあまり仲良くなれないインディヘナの人たちと
交流ができて嬉しい。


小金持ちになって、屋台で小銭をかき集めて支払いをしようとすると
隣に座ったメキシコ人が、いきなりおごってくれたりもする。
そうとう貧乏人だと思われたのかな。。笑
ありがとうございます。

Zinacantan
カメラを持って行かなかったことを大後悔。。
日曜日にいったのだが、教会で結婚式をやっていて
参列者が全員、華やかな民族衣装を着ている。
そして、写真撮っても全然OKな雰囲気。。笑

男性人の民族衣装もすごい派手。これ必見です。



それから、ドン・ラウロさんというシャーマンの夏至のイベントにも参加した。

彼は、幼少時代をチベットで過ごし、日本にも滞在経験がある。
日本ではマーシャルアーツでの優勝経験もあるとか。

彼の空間は日本的な鳥居があったり
神風と書いた日本国旗があったりと
なんだかとても懐かしく、安らぎを感じる場所。
d0074518_3564817.jpg

d0074518_40760.jpg

d0074518_3571178.jpg


イベントの数日間は30人近くの人々が
毎朝5時から、太鼓と踊りと祈りを捧げる日々。
d0074518_405864.jpg

d0074518_412948.jpg

d0074518_421019.jpg


サンクリ周辺、チアパス州はスピリチュアルな人が多くて
非常に興味深い。


Tonina遺跡
オコシンゴから20分ほど(12ペソ)

ドン・ラウロから帰国前に寄りなさいと教えてもらったところ。

でっかいピラミッドがひとつと
コンパクトなミュージアムがひとつあるだけのシンプルな遺跡。
緑に囲まれていて、観光に来たというよりはピクニックに来たような感覚。
d0074518_4133284.jpg

d0074518_414739.jpg

d0074518_4144756.jpg

d0074518_4152358.jpg

d0074518_4155370.jpg

振り返れば2ヶ月間、
ここでは書き切れないほど本当にいろんなことがあり
いろんな出会いがあった。

トニーナ遺跡は
サンクリで出会ったたくさんの人々に感謝をする
貴重な時間になりました。


最後の3日間は
御礼の気持ちをこめて
お世話になった方たちに歌う日々。


いよいよ、サンクリを去るのか。

ここならガチで住んでみたいって初めて思った場所。
(ほとんど住んでたような感じだけど。。笑)


そして、何より
音楽だけで生きていく
この生活にさよならを告げるのが惜しい

まぁ、また戻ってきたらいいよね


本当に長い間お世話になりました
ありがとう、また会う日まで
d0074518_4122382.jpg

[PR]

by charu725 | 2014-07-18 04:19 | Mexico | Comments(0)

5/6 Habana Cuba うたうた♪

バラデロを乗り合いタクシーで8時に出発して
10時頃にハバナへ到着(10ペソ)
d0074518_12444298.jpg

モロ要塞
d0074518_12451551.jpg


ここでやり残したことは何だろう、、
キューバといったらオールドカーでしょってことで
30分だけ借りてみた。
d0074518_12434659.jpg

あんまり良い写真は撮れなかった。。笑

サンセット
d0074518_12481279.jpg

d0074518_1247486.jpg

d0074518_12473319.jpg

d0074518_12491192.jpg

d0074518_124974.jpg

d0074518_12484777.jpg


そして、宿にて歌わせて頂きました。

泊まったカーサはもともとギャラリーだったらしく
とてもアーティスティックなだけでなく
音響もすばらしかった。

生声が優しく包まれて
頭の上から降ってくるような感じ

旅中に歌った中で
一番気持ちの良い場所だった


隣の部屋で聞いてた韓国人旅人は
セレナーデのようだったと。。笑

旅仲間も自身の旅で一番贅沢な時間だったと
言ってくれた。


嬉しいな


最高に楽しかったキューバが終わる

夢のような時間だったキューバ

その夢が覚めてしまうような寂しい気持ち
[PR]

by charu725 | 2014-05-06 12:41 | Cuba | Comments(0)

4/29-5/2 Trinidad Cuba うたうた♪

バラコアをバスで14時15分に出発して
19時頃にサンティアゴデクーバ着。(15CUC)
そのまま19時30発でサンティアゴデクーバを出発して
翌朝7時トリニダー着。(33CUC)

トリニダーはツーリスティックな町だけどかなり好きな感じ。
d0074518_22572379.jpg

d0074518_22424851.jpg
d0074518_22433372.jpg

d0074518_22413594.jpg

図書館
d0074518_23154881.jpg

使われていない趣のある教会
d0074518_23152222.jpg

廃墟
d0074518_23162168.jpg

小さいのですぐにローカルなエリアに入っていける
d0074518_2342093.jpg

d0074518_235114.jpg

魚介が豊富。ロブスターが5CUCくらいで食べられる。
d0074518_2312138.jpg

ラセイバの木
d0074518_23141178.jpg

ARTと音楽が溢れる。
d0074518_22515691.jpg

d0074518_22525437.jpg

d0074518_22532051.jpg

d0074518_22535133.jpg

d0074518_22543977.jpg

d0074518_22554124.jpg

d0074518_22561360.jpg


人もとても良い。

街かど
d0074518_22454776.jpg

d0074518_22463418.jpg

d0074518_22465423.jpg


何かとおもいきや昼寝中の子供達
d0074518_2248374.jpg

d0074518_22492420.jpg

d0074518_22503356.jpg

d0074518_22505598.jpg

わんこ
d0074518_22593189.jpg

d0074518_2302242.jpg

キューバの家は
リビングルームが外から丸見えってことが多い。

通りを歩いているだけで
素敵な出会いがいくつもある。
d0074518_2305558.jpg

d0074518_2312826.jpg

d0074518_2315983.jpg

d0074518_2331644.jpg

d0074518_232327.jpg

d0074518_2325462.jpg

ギターを生身で背負うスタイルで街歩きができちゃう。
民家にて
d0074518_2355829.jpg

公園にて
d0074518_2362760.jpg

学校前にて
d0074518_2371594.jpg

d0074518_239505.jpg

ひたすら僕の真似をする男の子
d0074518_238156.jpg

d0074518_2373819.jpg

道端から見たおばあちゃんの笑顔に引き込まれる
d0074518_23233991.jpg

お家に手招きされたので自然と one pure smile を歌う
d0074518_23235780.jpg

なんともいえない至福のとき





サンセット
d0074518_23213259.jpg

d0074518_2317422.jpg

いつどこにいても刺激的な風景
d0074518_2320075.jpg

d0074518_23203311.jpg

d0074518_2321991.jpg

d0074518_232679.jpg

d0074518_232239.jpg



ここでは旅仲間にちょっとすかした写真をたくさん撮ってもらった。
どこかでお披露目できたら良いな。

離れがたい、
本当に素敵な町でした。
[PR]

by charu725 | 2014-05-02 22:35 | Cuba | Comments(0)

4/22-25 SantiagoDeCuba Cuba うたうた♪

16時のバスに乗って一時間ほどでハバナに到着(6CUC)。
すると18時発のサンティアゴデクーバ行きのバスに乗ることに。(51CUC)
翌朝の7時くらいに到着。


ハバナよりも色あせた感じの建物が良い。
d0074518_23544732.jpg

教会
d0074518_23553652.jpg

ナチュラルジュースが集まる場所
d0074518_0203057.jpg

オシャレなアイス専門店
なのに人民ペソ払いで激安
d0074518_021327.jpg

この街の人々は本当に人懐っこい。
いきなり踊り出すタクシーの運ちゃん
d0074518_23565278.jpg

d0074518_23575790.jpg

決めポーズを持ってるおっちゃん
d0074518_0382175.jpg

トラディショナル音楽がきける Trova Tradicional Cubana
d0074518_23582893.jpg

d0074518_2359345.jpg

d0074518_23593036.jpg

公園にて
d0074518_004176.jpg

d0074518_0375113.jpg

カラテかな?
d0074518_012558.jpg

可愛いらしい子供たち
d0074518_035447.jpg

d0074518_051996.jpg

d0074518_055348.jpg


海岸
d0074518_064456.jpg

d0074518_071026.jpg

d0074518_074945.jpg


市場
d0074518_0103863.jpg

掃除のおばちゃん
d0074518_0123652.jpg

魚屋さんは大行列
d0074518_0114155.jpg


カーサはテラス付
d0074518_0134584.jpg

d0074518_0143842.jpg

d0074518_0151841.jpg

d0074518_0163155.jpg

カーサのお母さんはレストランやってたほどの腕前なので
さばき方を教えてくれた、と思いきや結局、全部さばいてくれた。。笑

キューバの街灯はオレンジが基本
夜はどこも画になる
d0074518_018373.jpg

d0074518_0191462.jpg

d0074518_0224346.jpg


コブレ聖母寺
サンティアゴから1時間弱かけてバスでいってくる(片道5CUD)

とても風通しのよい教会で気持ちがいい
d0074518_0235877.jpg

d0074518_024456.jpg

d0074518_025668.jpg

コブレ近くの学校
d0074518_0255221.jpg

d0074518_0262790.jpg


サンティアゴに戻って遠くの方まで歩いてみる
d0074518_0281129.jpg

d0074518_0284981.jpg

住宅街なので人々はこちらに興味津々
d0074518_0294935.jpg

d0074518_0303617.jpg

d0074518_0305996.jpg

d0074518_0311910.jpg

d0074518_0315152.jpg

教会発見
d0074518_0322214.jpg

d0074518_0325894.jpg

d0074518_0344071.jpg

ちゅー
d0074518_0351091.jpg

家の前でサッカーしてた
d0074518_035596.jpg

d0074518_0372390.jpg

楽器も弾いてた
d0074518_0365354.jpg


カストロが住んでた家
黄色でこじんまりとしてる
d0074518_0423159.jpg

なぜか I LOVE NYなキューバ人
d0074518_0504081.jpg


坂道の子供達に絡まれたので歌ってみる
d0074518_0433859.jpg

d0074518_0442851.jpg

d0074518_045071.jpg

d0074518_0452440.jpg

d0074518_0461984.jpg

d0074518_0455499.jpg

現地人が集まるサルサバー La casa de las tradiciones
d0074518_047512.jpg

d0074518_0521491.jpg

d0074518_0523628.jpg

d0074518_0525866.jpg

d0074518_0532121.jpg


なんかとってもいい街です。
サンティアゴデキューバ かなり堪能しました♪
d0074518_0542991.jpg

[PR]

by charu725 | 2014-04-25 23:48 | Cuba | Comments(0)

4/14-17 Kingston Jamaica うたうた♪

ガイアナのジョージタウンからポートオブスペイン経由で
ジャマイカのキングストンへ。

12時頃に到着して、タクシーで宿まで。(30USドル)

とりあえず、カメラの修理屋さんを探して
ダウンタウンへ。
d0074518_833637.jpg

d0074518_84013.jpg

d0074518_842225.jpg

d0074518_844992.jpg

親切なおばちゃんが修理屋さんまで案内してくれた。
d0074518_812257.jpg

d0074518_851365.jpg

同じ型のバッテリーを見つけたが
それで試しても駄目だったので
カメラ本体の問題だということが分かった。

修理屋さんのおっちゃんは直せる!って豪語してたけど
直ったら10000ジャマイカドル
直らなかったら1000ジャマイカドル
ということで、お願いすることにした。



夜はCheapMondayという
野外のダンス場にいくことに。
レゲエ三昧なのかと思いきや、そんなこともなく。
この人たちは本当に音楽が好きなんだなぁと思う。
d0074518_822689.jpg

d0074518_825379.jpg


翌日は
ボブマーリーミュージアム(20USドル)
d0074518_854611.jpg

d0074518_86179.jpg

One good thing about music,when it hits you, you feel no pain,,,
Hit me with music,,hito me with music now.
Bob Marley

レゲエは苦手な分野だったのだが
ミュージアムを訪れて、もっと勉強してみたいと思った
d0074518_871517.jpg

d0074518_865041.jpg

d0074518_875073.jpg

d0074518_881486.jpg


彼が世界に与えた影響は計り知れない。


その後、カメラを受け取りにダウンタウンへ。
結果的には直らずだった。。やっぱり。
もう駄目かなぁ。。。



この夜は宿にて数曲だけ歌わせてもらいました。
ジャマイカにいる日本人は旅人よりは
DJやダンサーがメインという感じ。

僕は日本でクラブに行ったことがなかったので
普段とは、また違う人たちに出会えて良かったと思う。





翌日は無人島のキーライムに行こうと思ってたのだが
ちょっとカメラを探し始めたら、止まらなくなってしまった。。

ここでもいろんな人がお店を教えてくれて
みんなその場所まで送ってくれる。
ジャマイカンは本当に親切だ。

何往復したか分からんが、最後にEOS Kiss X50を発見。
下位機種だけど、持ってるレンズを使えるので
死ぬほど迷った挙句に購入。めっちゃ高かった。。泣

でもキューバでは絶対に人を撮りたいので
一眼じゃなきゃストレスフルな毎日になっただろう。
これまでの国がそうだったように。


うん、これで良い。
キューバ行きの準備は整った。


そして、最終日の夜もダンスへ。

これが本当に面白かった。
DubWizeとMagnumWednesdayをはしご。

DubWizeはレコードかけるだけじゃなくて
ちゃんとアーティストが生で歌ってて、センスも良くてカッコ良かった。
d0074518_81120100.jpg

d0074518_8104462.jpg

場所的にも雰囲気はとても良い。

MagnumWednesdayはあまり治安は良さそうじゃなかったが
ここのパフォーマンスがハンパなかった。

DJ?セレクター?が凄いというよりは
その場に集まってきたジャマイカンのダンサー達がマジでカッコいい。
d0074518_8122994.jpg

d0074518_813366.jpg

おそらく、事前に色々と振り付けを考えて練習してるんだろうけど
DJが叫びまくっているタイミングで、
来るかな来るかなぁ、来たーって感じで
1組3~8名くらいのダンサーグループが一斉にそれぞれのダンスを決めてくる。
d0074518_8135623.jpg

d0074518_8141846.jpg

僕らがやったらちょっとダサいような振り付けも
彼らがやると本当にカッコいい。
もちろん、真似できるレベルじゃないけど。。

これがジャマイカンミュージックの真髄!
と思えるほどの衝撃。

明け方3時くらいから本格化したんだが、
最後まで居たかった。

何時間見ても飽きないと思います。
あとは眠気との戦い。

僕は朝6時に空港に向けて出発しなければならなかったので
なくなく切り上げました。


でも、本当の最後に
こんな素晴らしいものが見れて良かった。


これはまた是非、来たいです。
[PR]

by charu725 | 2014-04-18 08:18 | Jamaica | Comments(0)

4/10-13 Georgetown Guyana うたうた♪

スリナムのパラマリボをシェアタクシーで04時に出発。
フェリー乗り場まででこの車とドライバーは終了。
タクシー代全額払っていることの証明であるチケットをもらう。(100スリナムドル)
フェリーチケットを購入してからイミグレーションを通過。(50スリナムドル)
そして、フェリーに乗って30分ほどガイアナ側へ。
イミグレーションもすんなりOKで無事入国。
そこで、チケットを見せて、ジョージタウンまでのシェアタクシーに乗り込む。
結局、13時過ぎにジョージタウンの宿に到着。


ガイアナに入ってからは、かなりの大自然。
アフリカを思い出す景色。
建物は比較的綺麗なものが建っている。

ジョージタウンは人が多くて
非常に活気のある街。

バスターミナル周辺(写真はiPhone4sにて)
d0074518_13331774.jpg


教会
d0074518_13284834.jpg

d0074518_13334482.jpg

黒人とインド人しか見かけない。
カレー屋さんのおばちゃん
d0074518_13305943.jpg


ここではCanonの一眼を奇跡的に見つけたが
日本で5万円で買えるものが10万円を越えてた。。
さすがに手が出ない。。泣


学校
d0074518_13322527.jpg

クリケットが人気
d0074518_13292697.jpg

子供達は素直でシャイで可愛らしい。
d0074518_1330189.jpg

d0074518_13342692.jpg

フェンス越しに歌ってみた
d0074518_13351037.jpg

d0074518_13353983.jpg

ひとりの子供が100SDくれた。。
d0074518_1336656.jpg

この壁がなんとも言えない
子供が集まりすぎて先生が出てきちゃった。

やっぱりアフリカンの子供は素直で可愛い。

ジョージタウンは学校がたくさんあるので
元気な子供たちに出会う機会がとても多い。

反面、ホームレスがとても多く
色々と考えさせられてしまう。

治安が悪いと言われてしまうのも
殺伐とした雰囲気があるからかもしれない。


いろんな面を持っているジョージタウン。

でも一見、強面の人も話しかけるととても親切で
笑顔で色々と教えてくれる。

僕はこの国も好きです。

ギアナ三国、実際に訪れてみると
どこもいい国でした。

イメージを覆す瞬間
これもひとつの旅

訪れることに意味がある
[PR]

by charu725 | 2014-04-13 13:39 | Guyana | Comments(0)

2/11-20 BuenosAires Argentina うたたび♪

ウシュアイアから飛行機で3時間ほどブエノスアイレスに到着。
バスだと三日かかるらしいけど値段はほとんど一緒なので、
飛行機使っちゃいました。
Argentinas航空はギターの追加料金もなしだった。(2165ペソ)


とりあえず日本大使館へ向かう。
パスポートの増補分まで終了してしまいそうなので
ここで新規のパスポートを作成することにした。

10年もので889ペソ。
闇レートがあるので、日本でやるのの半額くらい。
4.5×3.5の証明写真を1枚。1週間後の受け取り。

実際にはダメ元で5日目に訪問した時に頂けました。
さすがニッポン!!ホントにありがたい。



街の散策。

Basilica
d0074518_322557.jpg

d0074518_34052.jpg

オベリスク
d0074518_394346.jpg


動物園ZooLujan
7時に宿を出て、PlazaItaliaまで地下鉄。
そこから57番のバスに乗ってZoolujanまで2時間。(26.3ペソ)

ホワイトタイガー
d0074518_3104998.jpg

タイガー
d0074518_313379.jpg

d0074518_3112645.jpg

ライオン
d0074518_3123765.jpg

クマ
d0074518_315738.jpg

ベイビーライオン
d0074518_3174747.jpg

d0074518_3182098.jpg

アフリカでも触ることはできなかったので
なかなかテンションあがる。

でも、あとで聞いたところによると、人間と写真を撮らせるために、
麻酔というか睡眠作用のあるものを餌に混ぜているよう。。

どうりで、眠そうだったわけだ。
手放しでは喜べないね。

ほかにもいろんな動物がいっぱい。
d0074518_3203576.jpg

d0074518_3192655.jpg

d0074518_3213032.jpg

d0074518_3221576.jpg

d0074518_323016.jpg

d0074518_3234474.jpg


ブエノスに戻ってボカ地区
d0074518_3245324.jpg

d0074518_3255925.jpg
d0074518_3275165.jpg

タンゴの格好での写真サービス
d0074518_3265777.jpg

d0074518_3285421.jpg

ボカのサッカースタジアム
d0074518_330256.jpg


世界で2番目?に美しい本屋(劇場を改装)
d0074518_3311586.jpg

d0074518_3321478.jpg

d0074518_3324911.jpg

日曜日の骨董市
d0074518_3333788.jpg

d0074518_3341799.jpg

d0074518_3345177.jpg

d0074518_3353184.jpg

d0074518_3412752.jpg

d0074518_3422152.jpg

d0074518_3365374.jpg

d0074518_3362448.jpg


そしてそして、ブエノスと言えばタンゴ。
僕が大好きな楽器、バンドネオンが聴ける。
日本人のバンドネオン奏者に会いたいなぁと思いながら、
まずはガレリアパシフィコBorgesのBien De Tango Ⅱ
を鑑賞。(60ペソ+20ペソTAX)

1時間20分くらいのショー。
生演奏でバンドネオン、バイオリン、ピアノ、ウッドベース。
男女のヴォーカル。

歌も演奏もうまかった。
ダンスのことはそこまで良く分からんけど
足をクネクネさせるのがちょっと気になった。。

料金のわりには満足度高し。

その夜、宿から歩いて10秒くらいの所にある
タンゴバーみたいな所に人が集まっていた。

社交ダンス場といった趣きで
ショーのダンスとは違って
終始抱き合っているという感じ。
d0074518_3384336.jpg


そして、もっと良いショーを見てみたくなったので
Piazzolla Tango(250ペソ)を鑑賞。
d0074518_3393922.jpg

生演奏でバンドネオン×2、バイオリン×2、ピアノ、ウッドベース
男女のヴォーカル。

これは本当に圧巻。
演奏もしかりだが、ダンサー陣がマジで凄かった。
笑ってしまうくらい、凄い。

60ペソのショーとの違いなんて
素人の自分に分からないだろうと
タカをくくってたけど、もう全然違う。

所作のひとつひとつが美しく
流れるようで伸びやか。

男女二人の一体感が素晴らしく
アクロバットも最高。

これは絶対におススメです。



んでもって、滞在中には二度ほど
歌わせて頂きました。

なんとも言えない
良き出会いがいくつかありました。

またどこかで必ず会いましょう♪
[PR]

by charu725 | 2014-02-17 02:57 | Argentina | Comments(0)

2/4-10 PuntaArenas&Ushuaia Argentina うたうた♪

12時半にプレルトナタレスを出発して
16時頃にプンタアレナスへ到着。(5000ペソ)

すぐにでもウシュアイアに行きたかったのだが
満席だったので、2泊することに。

朝9時のバスで出発。
別の会社のウシュアイア行きのバスが
色々とトラブルがあったようで
なぜかこちらのバスまで影響を受ける
ウシュアイアまで12時間くらいという話だったのに
リオグランデに着いたのが21時くらい。
そこでバスを乗り換えて、ウシュアイアに着いたのは夜中の一時。
16時間くらいかかったのかな。

セントロで一泊してから上野山荘へ。

翌日からは散策。
d0074518_4251924.jpg


MuseoYamana
ヤマナ族のミュージアム
d0074518_4213736.jpg

今はもう絶滅してしまっているヤマナ族やセルクナム族についての博物館。
期待していた伝説のコスチューム写真はあまりなくて、、
d0074518_422197.jpg

d0074518_423030.jpg

この程度でした。

ウシュアイアは風が強いので
少し町を外れるとこんな風に曲がった気がたくさんあります。
d0074518_426752.jpg

d0074518_4263552.jpg



南極行きの料金を調べた結果
2月中は6000ドル近く
3月後半で4000ドルくらい。

気合で行くことも可能だが
色々と考えた結果、今回は見送ることにした。

行きたい場所は残しておかないとね。


アフリカ最南端のケープタウンもそうだったけど
南米最南端、上野山荘で出会った旅人たちは

南極目当ての人からそうでない人まで素敵な人が多かった。

最後は皆でアサード(バーベキュー)をしました。
羊のアバラ肉(コスティージャ デ コルデロ)
d0074518_4313670.jpg

そして、パタゴニアはトレッキング三昧&寒すぎて歌えなかったけど、
ここで歌わないでどこで歌うって感じがしたので
久しぶりに1時間弱歌わせて頂きました。
d0074518_4321132.jpg


またどこかで会えるのを
楽しみに♪

僕はまた南極リベンジしにきまーす!
[PR]

by charu725 | 2014-02-10 04:15 | Argentina | Comments(0)

1/11-13 VinaDelMar Chile うたうた♪

アタカマを14時50分に出発して
24時間、サンチアゴに到着。(36000ペソ)

そのままビーニャ行きのバスを捕まえて
2時間ほどで到着。(5800ペソ)

もーめっちゃ都会です。
d0074518_5574195.jpg

魚市場
d0074518_5582977.jpg

d0074518_60113.jpg

焼きあわび
d0074518_5591829.jpg

さば
d0074518_559473.jpg


d0074518_604637.jpg

焼きしゃけ はまぐりのスープ
d0074518_611295.jpg

あわび飯
d0074518_622596.jpg

ホタテのガーリックバター生姜焼き
d0074518_625868.jpg

焼き牡蠣
d0074518_615312.jpg


もー全部うまい!!!

魚介が食えるだけでこんなに幸せになれるなんて
やっぱり日本人なんだなぁ


最後は泊まっている宿、汐見荘のオーナーが
ギターを弾かれる方だったので3曲だけ歌わせて頂きました。


久しぶりに音楽や人生について
お話できた気がします。

本当にありがとうございました。
[PR]

by charu725 | 2014-01-13 05:55 | Chile | Comments(0)