世界一周のうたたび ちゃるのあしあと


うたう旅人「ちゃる」のブログ Singing is Drawing ~歌うことはつないでいくこと~
by charu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
ありがとうございます! ..
by ちゃる at 01:43
Feliz Año 20..
by charu725 at 22:03
Feliz Año Nu..
by かおり at 10:28
歌詞、かっこいいです!深..
by べべ at 10:19
ありがとう♪
by charu725 at 11:30
ブログパーツ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
ブログジャンル
画像一覧

タグ:コモンビート ( 13 ) タグの人気記事


石巻にて「Life is...」とミュージカルの公式練習に参加してきました。

d0074518_002652.jpg

「Life is...」命をテーマにした5分×14のショートストーリー。4年という月日があったからこそ、伝えられるようになった物語。笑いあり涙ありの様々な形に仕上がっていました。作品としての最終形態だけでなく出来上がるまでの紆余曲折や心の葛藤、吐露した想い、そして今伝えたいこと、などが全部ステージ上から伝わってくるようで、今の石巻でしか観ることができないものを観させて頂いた気がします。

劇を観ている中で3.11直後にお手伝いに行った時の想いが明確に蘇ってきました。「笑顔で、他の人の幸せを優先する、駆けつけた自分たちが元気をもらってしまう。だけど、そんなあなた達だからこそ、少しでも役に立ちたい。自己満足でも、何かお手伝いをしたい。だから、ここにいるんだ」

イベント最後に僕からは命をテーマにした2曲+アンコール1曲を歌わせて頂きました。

あなたとともに
Rebirth~未来へつなぐ鼓動~
虹色ギター

石巻14グループの本気パフォーマンス、東京合唱団の想いのこもったハーモニーを受けて、自分はひとりで何を伝えられるだろうかと思ってたけど、この場で歌わせて頂いて本当に良かった。充実感でいっぱいです。「あなたとともに」は3.11直後の4月、ボランティア最終日に石巻で歌わせて頂いた曲です。提供楽曲である「Rebirth」は皆で歌えて良かった。「ちゃるのソロで最後まで聴きたかった!」という声も多数頂いたけど、、笑 Rebirthに関しては届けるよりも、石巻の皆と一緒に歌いたかったというのが僕の気持ちでした。アンコールの「虹色ギター」は皆で楽しく歌えました。言葉を越えてどこまでも届けようとする、その想いが虹の架け橋となりますように。

4年ぶりの石巻は、懐かしい場所もあった反面、以前自分がどこで活動していたかが分からないほど変わってる場所もありました。海岸付近は第一、第二防波堤の大規模工事が行われており、景観は日毎に変わっていくのだと思います。また、商店が復活した地域もあれば、人が戻ってこない→人がいないから商店も再開できない→店がないから人が集まらない、という悪循環になっている地域もあるようです。
d0074518_00409.jpg
d0074518_012193.jpg

d0074518_013938.jpg

でも、今回感じたことは石巻に行ってるのに、東北に限らずいろんな地域の人とつながるってこと。そして東北以外からの移住者がとても多いことにびっくりしました。これがミュージカルを通した復興支援活動なのだと改めて実感。このつながりを本当に大切にしたい、もっと深く皆のことを知りたい。そして皆が大好きだと言ってくれた「Rebirth~未来へつなぐ鼓動〜」というシーンが、少しでも復興への力になってくれたなら、作曲者としてこんなに嬉しいことはありません。また、皆に会える日を楽しみにしています♪本当に素敵な時間をありがとうございました。

最後に、この地で本当の意味でつながることができた仲間。ずっと活動を続けてきたコアスタッフの皆にも、心からの尊敬と感謝とエールを。

ーーーーーー
Rebirthミュージカル版の歌詞を載せておきます。今日のRebirth初練習を観ただけで、胸に迫ってくるものがありました。公演の大成功を確信しています。12/5,6空いてる方は是非、石巻へ♪


【Rebirth~未来へつなぐ鼓動~】

失って気付いたのは 胸の奥の一つの希望
僕らに息づいている 鼓動が聞こえるだろう
残されたこの命は 自分だけのものじゃない

始めようかこの場所から 歩き出そう今ここから
失くしたもの想いながら 僕らひとつの空を見上げよう

争いはいつの日も 何もかも奪うもの
私にもあなたにも 傷跡を残していく
この悲しみこの痛みを 繰り返したくはない

始めようかこの場所から 歩き出そう今ここから
失くしたもの想いながら 僕らひとつの空を見上げよう

やがて世界は生まれ変わり 長い夜にも朝が来る
受け継がれてきた 僕らの鼓動
きっと未来に つながっているから

思い出して おもいだして 刻んでいく この鼓動

作詞・作曲:ちゃる
ミュージカル版歌詞:コモンビート
------
[PR]

by charu725 | 2015-11-02 00:01 | Japan Live | Comments(0)

ミュージカル「A COMMON BEAT」32期東京公演

僕が楽曲提供させて頂いているミュージカルを観に行きました。
この楽曲が生まれたことが、
僕がサラリーマンをやめて世界一周をしようと思ったきっかけでもあります。
個性が響きあう100人のキャストが100日間で創り上げるミュージカル「A COMMON BEAT」。

「異文化理解」をテーマとしており、
東京、名古屋、大阪、福岡、仙台、ピースボートの船上などで毎年公演されています。

こんなご時世だからこそ、是非皆さんにも観て頂きたいと思いました。

提供させて頂いた楽曲は「Rebirth〜未来へつなぐ鼓動〜」。
戦争シーンの後にくるもので、人々がいかにして立ち上がっていくかを描いたものです。

「何もかも失っても立ち上がる人間の生命力」=「鼓動」=「希望」
その希望を未来へと繋いでいくシーン。

この楽曲を生み出すにあたって、WEB上に落ちている戦争体験記を読み漁りました。
戦争を経験していない自分が、この難しいテーマに対しての答えを出すには
先人たちの智慧から学ぶ他なかったからです。
その中でどの体験記にも共通して根底にあったメッセージはいたってシンプルなものでした。
「このような過ちは二度と繰り返してはいけない」
ありきたり、当たり前に聞こえます。でも、この当たり前のことをきちんと伝えなくてはいけない。

これを伝えなくして、この楽曲のメッセージは完成しない、と思いました。
命が鼓動を通して受け継がれているイメージは、
自分の祖母の葬式で初めて知った事実から来ています。

99歳で永眠した祖母は広島で被爆。
自分の娘が待っている家の方角に大きなキノコ雲を見た時、
苦渋の決断の上で、逆方向に全速力で逃げたそうです。

助かる見込みがないと判断出来てしまうほどの大きな爆煙。
その場にいれば自分の命すらも危ない。
この決断がなければ、今の僕は存在していないのです。
当たり前に今ある命が、当たり前に受け継がれてきたわけじゃない。

そして、先人たちが経験したことを鼓動に刻んで、継承していく。
これが命をつないでいくことの、ひとつの意味・役割ではないか。

A COMMON BEATとは、人種や宗教、国境、性別、言葉を超えて、
つながることができる、感じることができる鼓動だと僕は解釈しています。

それは、今生きている「現在」において、世界中の人たちとのつながりを感じることができるものです。
そして、受け継がれてきた命としての鼓動。
これは「過去」「未来」の命とのつながりを感じることができるものです。

鼓動を通して「現在」「過去」「未来」が全方向につながっていく。
僕にとっての「A COMMON BEAT」とは、このような作品です。
あくまで僕にとっての、です。

皆さんはどんな世界を感じるでしょうか?

興味を持って頂けたら、一度HPをご覧いただけると幸いです。
http://commonbeat.org

チケットぴあ 「コモンビート」で検索すると出て来ます。
http://ticket-search.pia.jp/pia/search_all.do?kw=コモンビート
[PR]

by charu725 | 2015-07-26 02:14 | Japan Live | Comments(0)

引継ぎ@名古屋

またまた更新が遅れてるけど、、
先日(8/30)に名古屋に行ってきました!

目的は
「A COMMON BEAT 13期中部公演」に向けて
中部スタッフに「rebirth」の引継ぎをするためです。

12期の戦友である演出スタッフと共に行ってきたんだけど
「想いを引き継ぐこと」の重要性・やりがいを凄く感じました。

僕が話したのは10分程度のものだったけど
心から行って良かった♪
集まってくれた皆、ありがとう!

んでもって、先週末はじめて12期公演の映像を鑑賞しました。
自分の歌には色々ダメ出しありだけど、
終始、照明が素晴らしくて衣裳もとってもキレイに見えました。
「rebirth」も初めて自分で見たけど、想像以上の出来栄え♪
本当に関わってくれた全ての人に感謝です。

このシーンを終戦記念日である8月15日に
世に送り出せたことは、とても意味が深いと思います。

僕が読ませて頂いた戦争体験記の筆者の方々に
少しでも何かを返すことが出来たなら本望です。

受け継がなきゃと思ったものが形になって
それをまた受け継いでくれる人がいる
このつながりが永く続いてくれたら本当に嬉しい



さてさて、僕の方は新しいことを色々始めています。
次はどんな曲が生まれるだろうか。。楽しみ♪
早くライブやりたいな
[PR]

by charu725 | 2009-09-10 19:14 | Comments(2)

「A COMMON BEAT」12期東京公演 8/15,16

お久しぶり~
だいぶ滞ってましたが、
ミュージカル本番が無事に終了しました!

こんなに実感がないのも不思議だけど
とにかく全力でやり切った結果、
各方面からは絶賛の嵐。。。。大成功!!

個人的にも、公演終了後のロビーで
初めてお会いする方から
たくさんお褒めの言葉を頂いたり、
写真を撮ってもらったり、、

新シーン「rebirth~未来へつなぐ鼓動~」に関しても
本当に多くの方から、「一番良いシーンだった」と
言って貰えました。。感無量♪

観に来てくれた皆、
観に来れなかったけど応援してくれた皆、
本当にありがとう。

そして、当日の会場整理をしてくれたウェルキャス、
裏方のブラピ、音響さん、照明さん、
東京、中部、大阪からの応援隊。
皆のおかげで無事に本番を迎えることが出来ました。


今回はスタッフとしても動いていたので非常に密度の濃い半年間でしたが、
苦悩や葛藤から生み出た生命力・パワーが12期そのものだったと思います。

100日間を共にした107人のキャスト。
200日間を共にした32人のスタッフ。
本当にかけがえのない仲間です、心からありがとう。

本番で終わりではなく
ここからが始まりです

それぞれが新しい一歩を
踏み出せますように


ちゃる
[PR]

by charu725 | 2009-08-20 18:54 | Comments(6)

記念すべき日

28年間生きてきた中で
大きな一歩となる一日。

2足のわらじで音楽活動を続けてきて
そのひとつの結果が出たというか。

2009年6月9日
NPO法人コモンビートと契約を交わしました。

楽曲は「rebirth」

再生、生まれ変わり、といった意味のタイトルだけど、
僕個人にとっても節目の楽曲となりそうです。


この曲は、
戦争を実際に体験した人が「未来に残したいメッセージ」って何だろう?
という答えをひたすら探し続けて、完成させたものです。

時には戦争体験記を夜な夜な読み耽り、
旅で訪れた広島、沖縄、カンボジアや
ピースボートの記憶を掘り起こしながら何度も練り直して創りました。

テーマは
「人間の持つ生命力=鼓動=希望」


その原曲を「A COMMON BEAT」のミュージカルの中で
より分かりやすく、みんなで歌えるものにするために
スタッフと共に手を加えたものが
「rebirth~未来へつなぐ鼓動~」です。

このミュージカルバージョンの編曲がおおよそ完成したので
昨日スタッフの中でお披露目をしました。


この瞬間って一番緊張するんだけど、
予想以上の反響で、本当に感無量。


原曲の構想から既に半年が経過。。
葛藤が多かっただけに感慨深い。
いろんな人に感謝の気持ちでいっぱいです。


そして、、

僕の活動を応援してくれてる人たち
僕の活動を応援してくれてた人たち
僕の存在を記憶している全ての人に
いま伝えたいです。


僕は僕なりに
僕の道を一歩ずつ
進んでいます

誰に笑われようとも
これが自分の道です

大切なものを二度と
失わないためにも

自分の道を真っ直ぐに
開いていきます


なので
これからも応援宜しくお願いします。

最後に、、

『希望は持つものではなく
いつの日も この胸にあるもの

その鼓動は 歴史の分だけ
命の数だけ つながっている』

by ちゃる
[PR]

by charu725 | 2009-06-11 00:17 | Comments(12)

コモンビート 12期ミュージカル

4/29パラカップでのパフォーマンスを大成功で終了♪
野外で踊る爽快感と熱いランナーたちとのハイタッチ。
その先に想像する子供たちの未来。

素晴らしい経験でした。

パラサイヨという団体に
もっと深く関わっていきたいなと思いました。


そして、感動に浸る暇もなく、、
すぐさまスタート。


去年僕が10期公演に出演した
ミュージカル「A COMMON BEAT」ですが
12期東京公演にもスタッフ兼キャストとして出ます。


前回は「自由」の青大陸でしたが、
今回は「神秘」「調和」の黄大陸です。


「よさこい」を踊ります。

んでもって、今回はソロで歌も歌わせて頂きます。
「言葉は違っても、こころとこころで交流しようとするシーン」
なんだかピースボートを思い出すなぁ
「border」の世界観を想像してもらえると分かりやすいかも♪

8月までライブはお預けになるけど
ミュージカル的な発声や全身で伝えることを学ぶのは
自分の音楽活動の表現力を磨くのにとても勉強になってる。


また109人のミュージカルを
スタッフとしてどう作り上げるか、
苦悩の連続だけど、これも学びです。


もはや全力で走り抜けるのみ!!


本番は8/15(土)、16(日)の2日間、4公演。

絶対、空けといて♪
他にもサプライズがあるかも♪
[PR]

by charu725 | 2009-05-10 14:10 | Comments(2)

芝生の上で

昨日は炎天下のもと
久しぶりにカラダを動かした。

多摩川のグラウンドは思ったよりも
花粉の被害が少なく、、笑

とっても顔がヒリヒリして
真っ赤になったけど
野外で踊るのは気持ちいい



4/29に行われるパラサイヨ運営のチャリティーマラソン。
「PARACUP2009」に
ボランティアスタッフ兼パフォーマーという形で参加します。

世の中にはアツイ人がいっぱい
いるんだな


さてさて今日はゆっくり
家でレコーディングなり
[PR]

by charu725 | 2009-04-05 15:13 | Comments(0)

commonbeat 100日間

お久しぶり。
あっという間に駆け抜けた100日間。

ブログ更新が出来ないくらいの走りっぷり。
皆さん、ごめんなさい。。

少し遅くなりましたが、、
11/8,9でのミュージカル本番。
観に来てくれた皆ありがとう♪

皆のおかげで満席の舞台で
おもいっきり躍動することができました。

本番3週間前に、腰の怪我をしたり、喉痛めたり、色んなことが起きだけど、
それを支えてくれた仲間たちへの感謝と
全ての苦難を乗り越えて最高のパフォーマンスができた達成感があります。

この10期メンバーの公演は「今までで最高の舞台だった」
というお褒めの言葉も頂きました。

それを皆に見て貰えたことが何より嬉しい。


そして、皆からもらった感想として多かったのが
「本当に活き活きしてた。楽しそうだった」とか
「ちゃるにこんな才能(ダンス)があったとは」とか
総じて「僕にとても合ってる」という感じ。


これはとても嬉しいことで、自分自身も感じていたこと。
もともとカラダを動かすのが大好きなので、
今後もダンスは続けて行きたいなと思う。




音楽活動は孤独な戦い、ミュージカルやダンスは皆で作り上げるもの。
どちらも自分にとっては大切なことで、この両輪を回して行けたら
良い人生になるんじゃないかなと勝手に思ってます。



それから、本番後の11/21~28に参加した
PEACE BOATクルーズ 「PEACE&GREEN BOAT2008」
commonbeatのメンバーとして船内でasianbeat projectを推進。
船で出会った韓国人、日本人を巻き込んで「言葉を越えて」
ダンスや歌を練習し、釜山、広島でパフォーマンスをしてきました。


この経験も素晴らしいものだった。
船旅という特殊な環境で、異文化交流ができたこと。
今まで知らなかった歴史を知れたこと。

自分の無知さに情けなくなったけど
「言葉や歴史、文化をもう一度学ぼう」
という気持ちになりました。


そして何よりこの1週間の船旅で
完成させた曲「border」

自分としては
この100日間の集大成といえるoutputです。

ギターを持たずに作った曲なので、
アレンジは未定だけど、早く皆に聴いてもらいたい。


今後も実経験のinputから
作品に魂を入れていきたいなと思います。


あぁ何と言っても終わってしまったのだけど、
ここからが始まり。
PEACE BOAT含め、
この100日間で出会った仲間たちを本当に大切にしたい。

そして今、
最高に音楽やりたい
伝えたい
[PR]

by charu725 | 2008-12-01 23:45 | Comments(3)

border ~壁~

はい、ミュージカルまで
1ヶ月を切りました。

練習三昧の毎日ですが、
ちょっくらお知らせ。

今回のミュージカルとは別なんだけど
このコモンビートのプログラムの中で
5~8人でチームを作って5分間の作品を創りました。

テーマは「社会に発信したいこと」

その中で僕は
「スーパー類人猿」
というチームのリーダーをやらせてもらって、作品タイトルは

「border ~壁~」

僕の作った曲に朗読と歌をのせたんだけど、、(振り付けもあり♪)

それがなんと投票で
17チーム中のNO.1に選ばれました♪わぉ


んでもって、今度の18日(土)に上位5チームの作品を
1日練習体験dayで発表します。

観に来たい人がいたら是非♪
練習体験もしてみて、ダンスって楽しいよ♪笑

====================
「コモンビートミュージカル1日練習体験day」

■日時
10/18(土)13:00 ~ 17:30(予定)

■場所
荒川区総合スポーツセンター 剣道場(3F)集合
東京都荒川区南千住6-45-5
▼アクセス
地下鉄(日比谷線)「 南千住駅」・「三ノ輪駅」 徒歩7分
JR(常磐線)「 南千住駅」 徒歩7分
都電「区役所前」・「荒川一中前」 徒歩5分
都バス「南千住6丁目」・「区役所前」 徒歩5分

地図URL:http://www.arakawa-sposen.com/map.html

■持ち物
動ける服装・室内シューズ・タオル・ドリンク・ワクワク感!

■参加費
無料

■申し込み、お問合せ方法
下記の必要事項をご記入の上、
directors_10th@commonbeat.org までご連絡下さい。

件名:「体験会申し込み(問い合わせ)」
本文:「名前・電話番号・メールアドレス」

コモンビートの100人100日ミュージカルについての詳細はこちら↓
http://www.commonbeat.org/musical/

====================


追伸:
本番のチケット
1500席×3公演=4500席
が残り少なくなってきました。

観に来れるって人は、19日までに連絡もらえると嬉しいです♪
(手持ちのチケットをもう追加出来ない状況なので。。)
観終わった後に必ず感じて貰えるものがある、それだけは約束します。

ではでは、あと1ヶ月ラストスパート。
期待してて♪
[PR]

by charu725 | 2008-10-13 22:27 | Comments(0)

学生時代

グループワークしたり、合宿したり、学校泊まったり。

テニスしたり、映像つくったり、海でバックドロップしたり。

富士山登ったり、フルマラソン走ったり、ワゴンの旅したり。

壁にぶちあたっては、一緒に泣いたり 笑ったり ケツ叩いたり。


やることありすぎてテンパリマックス。
だけどなんだか毎日楽しい。

そんな感じのあの頃に似ているなぁ



辛くても笑顔で前進できたのは、
大切な仲間がいたから
[PR]

by charu725 | 2008-09-22 23:07 | Comments(0)