世界一周のうたたび ちゃるのあしあと


うたう旅人「ちゃる」のブログ Singing is Drawing ~歌うことはつないでいくこと~
by charu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
最新の記事
改名&本ブログの更新を停止い..
at 2018-03-22 00:13
世界の聖地をつなぐ旅@オース..
at 2018-03-03 21:49
コモンビート日韓公演
at 2018-01-29 00:28
新年
at 2018-01-03 11:42
12/23島音まつり@加計呂..
at 2017-12-28 10:52
記事ランキング
最新のコメント
ありがとうございます! ..
by ちゃる at 01:43
Feliz Año 20..
by charu725 at 22:03
Feliz Año Nu..
by かおり at 10:28
歌詞、かっこいいです!深..
by べべ at 10:19
ありがとう♪
by charu725 at 11:30
ブログパーツ
以前の記事
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
ブログジャンル
画像一覧

8/10 Berlin Germany

22時半発の夜行バスにてベルリンへ。
途中、バスごとフェリーに乗って2時間ほど航海。
さらにバスで走って、明け方の6時半頃に到着。

楽しみにしていたドイツです。

二度の大戦での負の経験を受け止めて
いまやEUを先導していくような立場になっているドイツ。
旅中に出会うドイツ人バックパッカーも好印象の人が多かった。


まずは宿にチェックインして、
シャワー浴びてから町の散策。

駅とかに英語表記はないけど
だいたい道を聞いたら英語で答えてくれる。


AlexanderPlatz
d0074518_2042435.jpg

Berliner Fernsehturmテレビ塔
d0074518_2062271.jpg

St.Marien
d0074518_2045996.jpg

d0074518_2054360.jpg


Berliner Domカテドラル
d0074518_207070.jpg

中の壁画は黄色が基調となっていて
とても良かった。
d0074518_2073921.jpg

d0074518_208319.jpg

d0074518_209991.jpg

黄色の統一感が素晴らしい。
d0074518_2094135.jpg

d0074518_20101258.jpg

d0074518_2010419.jpg

この絵は特に立体的。
d0074518_2011839.jpg

上からの景色
d0074518_20113387.jpg


なかなか見ごたえありました。


ドイツも自転車社会のようだけど、、
このひとたち全員でこぎながら進んでました。。
d0074518_20123343.jpg


ノイエ・ヴァッヘ
d0074518_2013487.jpg

中はこの像があるだけ
d0074518_20132947.jpg

シンプルだけに深みがある

じっと座って物思いに耽る観光客が多くいた。


日本語訳の解説があったので
文章を書き出してみる
d0074518_20141443.jpg


---
ノイエ・ヴァッヘは
戦争と暴力支配の犠牲者に対する
記憶と追悼の場である

我々は
戦争で苦しんだ各民族に思いをいたす。
我々は、そうした民族の一員で
迫害され命を失った人々に思いをいたす。
我々は、世界大戦の戦没者たちに思いをいたす。
我々は、戦争と戦争の結果により
故郷で、捕らわれの身で、また追放の身で
それぞれ命を落とした罪無き人々に思いをいたす。

我々は殺害された何百万ものユダヤの人々に思いをいたす。
我々は殺害されたシンティ・ロマの人々に思いをいたす。
我々は、その出自、その同性愛、その病いや弱さゆえに
それぞれ殺されていった全ての人々に思いをいたす。

我々は、宗教や政治的信念ゆえに
命を落とさなければならなかった人々に思いをいたす。
我々は暴力支配に抵抗し命を犠牲にした
女性たちや男性たちに思いをいたす。
我々は自らの良心を曲げるより死を受け入れた全ての人々の栄誉を讃える。

我々は、1945年以降の全体主義独裁に逆らったために
迫害され殺害された女性たちや男性たちに思いをいたす。

---




そして、近くの大学前ではシリアの内戦に反対する
学生たちに出会った。

街行く人に声をかけて
言葉の入ったプラカードを選んでもらい。
それを持った写真を写すというシンプルなもの。
d0074518_20144742.jpg

自分は
「Stop Killing Start Talking」
という言葉を選ばせて頂きました。


Brandenburg Gate
d0074518_20155755.jpg

PotsdamerPlatz ポツダム広場
ベルリンの壁が撤去されて出来た空き地を再開発
d0074518_20162412.jpg


ベルリンの壁
d0074518_20165498.jpg

ドイツの東西分割統治と合わせてベルリンも東西に分割された。
1961年に東ドイツから西ドイツへの人材流出を止める目的で建設されたといわれている壁。
1989年に破壊されているが、現在でもその一部が残っている。
イースト・サイド・ギャラリー
d0074518_20172775.jpg

d0074518_20175655.jpg

d0074518_20182537.jpg

d0074518_20185668.jpg

d0074518_20282554.jpg
d0074518_2029852.jpg

日本のも発見
d0074518_20192780.jpg

d0074518_2020294.jpg


尖諸閣島中国属
という落書きも


政治で越えられないものを
アートやスポーツで越えようとしているのに
それをまた政治的な意味で汚すというのは
このアート壁画の趣旨を全く理解していない
稚拙な行為だと思う



ベルリンの壁のウエストサイドは写真画のよう

FreedomBridge
韓国と北朝鮮の38度線付近にあるもの
d0074518_20304091.jpg

d0074518_2029585.jpg



ベルリンの壁は是非、訪れて欲しいです。


日本とドイツ。
ともに第二次世界大戦の敗戦国であり
まじめな国民性は似ている気がするのだけど
どうしてこうも差が開いてしまったのか。

ちょうど、オリバーストーン監督が来日して
日本とドイツの違いを述べて、
「日本人はなぜ立ち上がらないのか」と言っていた。
この言葉の意味をしっかりと受け止めなければならない。

彼の主旨はあえてここには書きません。
是非、自分の手で調べてみて下さい。

いろいろと考えることの多かったベルリン。
明日はミュンヘンです。
[PR]

by charu725 | 2013-08-10 23:02 | Germany
<< 8/11-14 Munchen... 8/8-9 Copenhage... >>